「雷様の病気」

雷様の病気 についてのコメント&レビュー投稿
昔、下野の国の粕尾(かすお)に天下に名高い智玄和尚(ちげんおしょう)という医者がいた。 ある夏の日の昼下がり、和尚が弟子と歩いていると、にわかに空が掻き曇り、大粒の雨が...…全文を見る

「雷様の病気」

投稿者:マルコ 投稿日時 2013/9/21 16:49
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
 昔々、下野の国の粕尾と言う所に、天下に名の知れた名医、中野智玄というお医者さんが住んでいました。夏の昼さがりの事、和尚さんは弟子の小坊主を連れて病人の家から帰る途中でした。
「和尚さま、今日もお暑い事で」
「まったくじゃ。しかも蒸し暑くて、汗が乾かん」
二人は汗をふきながら歩いていましたが、突然、ポツリポツリと雨が降り始めて、みるみるうちに水桶をひっくり返した様な夕立になってしまいました。
「これはにわか雨じゃ!!急げ!」
「はい」
大雨と一緒に、いなびかりが走りました。ゴロゴロゴロー!
「きゃー、かみなり! 和尚さま、助けてー!」
「これっ、かんねん!!大事な薬箱を放り出す奴があるか!」
「すみません。でもわたくしは、かみなりが大嫌いなもので」
ゴロゴロゴローッ!ドカーン!!すぐ近くの木に、かみなりが落ちたようです。
「わーっ! 和尚さま!」
「だから、薬箱を放り出すな!」
和尚さんは怖がる小坊主を引きずって、やっとの事で寺へ帰ってきました。
「和尚さま。早く雨戸を閉めてください」
小坊主が言いますが、和尚さんはいなずまが光る空をじっと見上げています。
「ほほう。この雷さんは、病気にかかっておるわい」
「へっ? 和尚さまは、雷の病気までわかるのですか?」
「うむ、ゴロゴロという音でな」
さすがは、天下の名医。雷様の病気を音で聴きわけるのでした。その夜、ねむっている和尚さんの枕元に、こっそりと忍び寄った者がいます。それはモジャモジャ頭から二本のツノを生やし、トラ皮のパンツをはいた雷様でした。でも、何だか元気がありません。和尚さんのそばに座って、
「・・・あの・・・その・・・あのね・・・ふぅ~。」
と、ため息をついているのです。それに気づいた和尚さんは薄目を開けて様子を見ていましたが、やがて先に声をかけました。
「どうかしたのか? 何か、お困りの様じゃが」
和尚さんが声をかけると、雷様は和尚さんの前にガバッとひれふしました。
「わ、わしは昼間の、雷でござる」
「見ればわかる。それで、何か用か?」
雷様は、言いました。
「この二、三日、具合がおかしいのです。どうか、わしの病を治してくだされ。お願いします」「ほほぅ・・・やっぱりのう」
「それでその・・・、天下の名医ともなれば、お代はお高いでしょうが。こんな物で、いかがでしょうか?」
雷様はそう言って、小判を三枚差し出しました。しかし和尚さんは、知らん顔です。
「えぇい! これでは、たりませぬか」
雷様は、小判を五枚差し出しました。すると和尚さんはその小判をちらりと見て。
「わしの治療代は、うーんと高いのじゃ」
「そうでございましょう。何しろ、天下の名医でございますし。それではさらに、小判を追加して」
「いやいや。金の話は後にして、まずはそこへ横になりなさい」
「えっ、診てくださるんですか!」
かみなりさまは、大喜びです。和尚さんは腕まくりをすると、雷様の体を力一杯押したり、もんだりして調べます。
「ひゃー! ひぇー!うひょー! 痛い痛い! 助けてくれ~!」
雷様は、あまりの痛さに大声をあげました。その大声に驚いて、小坊主は部屋のすみで震えています。
「これ、かんねん!そんなところで、何をしておる。今度はお灸をするから、早く道具を持ってまいれ!」
急に声をかけられて、小坊主はビックリです。
「和尚さま。何で、かみなりなんぞの病気を診るのですか!」
「何を言うとる!!さあ、お前もお灸の手伝いをしろ!」
「和尚さま。あんな人の害になるような奴はいっそ死んでいただいたほうが・・・。」
「ばっかも~ん!!患者の選り好みをするのは医道の下の下じゃぞ!!たとえ敵の病気でも診るのが、医者のつとめじゃ!」
「うぅー、わかりました」
和尚さんは小坊主からお灸を受け取ると、雷様にお灸をすえました。
「うお~っ、あちちち、助けて~!」
あまりの熱さに、雷様は大暴れです。ところがお灸が終わったとたん、雷様はニッコリ笑いました。
「おおっ! 痛みがなくなった。体が軽くなった。お灸をすえたら、もう治ったぞ!」
さすがは、天下の名医。
「ありがとうございました! ・・・で、お代の方は、さぞお高いんでしょうなぁ」
「治療代を言い渡す!!金はいらん!!」
「じゃあ、ただなんですか!?」
「いいや、金の代わりに、お前にはしてもらいたい事が二つある。一つは、この粕尾では、かみなりがよく落ちて、人が死んだり家が焼けたりして困っておる。これからは、決して雷を落とさない事」
「へい、へい、」
「二つ目は、この辺りを流れる粕尾川の事じゃ。粕尾川は、大雨が降るたびに水があふれて困っておる。川が、村の中を流れておるためじゃ。この川の流れを、村はずれに変えてほしい。これが、治療代の代わりじゃ。どうだ? 出来るか?」
「へい。そんな事でしたら、お任せくだせえ」
どんな無茶を言われるかと心配していた雷様は、ホッとして言いました。
「それではまず、粕尾の人たちに、お札を配ってください。お札を家の門口に、はってもらうのです。それから粕尾川ですが、流れを変えてほしい場所に、さいかち(→マメ科の落葉高木)の木を植えてください。そうすれば、七日のうちにはきっと。・・・では、とぁぁぁ!!」
雷様はそう言うと、天に登ってしまいました。和尚さんは、さっそく村人たちをお寺に集めてお札を配りました。そして山のふもとの目立つ位置に、さいかちの木を植えました。

さて、その日はとても良い天気でしたが、にわかに黒雲がわき起こったかと思うといなずまが光り、ザーザーと激しい雨が降り出しました。村人たちは和尚さんから頂いたお札をはって雨戸を閉めて、雨が止むのをジッと待っていました。こうしてちょうど七日目、あれほど激しかった大雨がピタリと止んだのです。雨戸を開けると黒雲はなくなり、太陽が顔を出しています。不思議な事に、あれだけの大雨にもかかわらず、雷は一つも落ちませんでした。
「あっ、あれを見ろ!」
村人が指さすを方を見ると、昨日まで流れていた粕尾川がきれいに干上がり、流れを変えて、さいかちの木のそばをゆうゆうと流れているではありませんか。これでもう、村に洪水が起こる心配はなくなりました。雷様は、和尚さんとの約束を果たしたのです。

それからというもの、粕尾の里では落雷の被害は全くなくなったという事です。
投票数:34 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

142 人のユーザが現在オンラインです。 (80 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)