Re: 山姫さまと兄妹

山姫さまと兄妹 についてのコメント&レビュー投稿
昔、大谷の里に杉作と小江(こえ)という兄妹が住んでいた。里では秋になると雷電山の神、山姫さまは赤い晴れ着を織り、秋の踊りを舞うのだといわれていた。杉作はその踊りが見たく...…全文を見る

Re: 山姫さまと兄妹

投稿者:ゲスト 投稿日時 2016/1/18 18:41
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
屋久島の山姫の話です。
 その外見は、「きれいなおなごで、髪は今洗ったばかりのつやのある洗い髪で、うしろへ長く垂らしている。そして十二ひとえの緋(赤い)のハカマを着て」いるということです。また、背が高く、髪は茶色、皮膚は真っ白で、腰にシダを巻きつけて裸というパターンもあるようです。これなんかは、何となく西洋人を思わせる特徴です。
 しかし、共通して美しいとされる容姿とは反対に、山姫は非常に恐れられています。
 山姫と出会い、先に笑われると首の血を吸われてしまうというのです。逆に山姫が怒ってくるときは安全だとか、山姫より先に笑えばよいとか、つられて笑わずににらみつけると良いなどとあります。他ににこにこ笑われていたけど、「もう二度とここには来んから、どうか許してくれ」と詫びながらひれ伏し続けて、難を逃れた話も載っていました。
 あとは、三味線をひいて歌を歌うこともあるとか、木の精であるとか、旧の正月、5月、9月の山の神祭りの日に、祭りの潮水汲みに、タンゴ(木の桶)を下げて降りてくるなどというのがおもしろかったです。
http://1000nichi.blog73.fc2.com/blog-entry-64.html

『屋久島の民話 2(日本の民話38)』(下野敏 未来社 1965)〈山姫〉
p121「山姫」 東松山の話との共通点は山にいる(屋久島の山)、山姫はきれいな女子、山の神祭りの日には山へ行ってはいけない、山姫は恐れられている、若者が山の中で山姫に会う、家に帰った若者に災いあり(寝込んでしまう)。
http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000062322
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

35 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)