もみじさんコメントありがとうございます!!「七駄田」

七駄田 についてのコメント&レビュー投稿
昔々、栃木県の芳賀に小さな村がありました。この村では日照りが続き、困った村人たちはイライラしていました。 ある時、村のお百姓さんが手樋越の淵の堤を通りかかると、龍が雷...…全文を見る

もみじさんコメントありがとうございます!!「七駄田」

投稿者:マルコ 投稿日時 2013/4/5 0:01
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
本当に切羽詰った人間って怖いですよね・・・。
自分たちの願い事を叶えてくれないから殺してしまおうなんて・・・人間って平気で恐ろしいことをするんだな・・・と「七駄田」を見て思いました。

ところで、もみじさんのコメントを読んでいてフッと思いついたことがあります。
手樋越の淵に住んでいたという夫婦の龍は、もしかして、龍じゃなくて大鯉の夫婦だったのかもしれない・・・。と。

以前、母から「魚を畑にまるまる一匹埋めて肥やしにすると農作物がよく育つ。」と聞いたことがあります。この話でも村人が雌龍を七つに切って畑の肥やしにした・・・とあるから、 
大鯉=龍がが成立するのではないかと・・・?

この「七駄田」のお話の現地写真もこのサイトの管理人さんにお願いして後日、掲載していただこうと思っているので、時間があった時など、見てください。
以前、もみじさんがあらすじを書いてくれた「雪姫・紅葉姫」だけではなく栃木の昔ばなしの写真や他県の昔ばなしの写真もあるので、そっちの方も見ていただけると嬉しいです。
投票数:28 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

35 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)