Re: 七駄田

七駄田 についてのコメント&レビュー投稿
昔々、栃木県の芳賀に小さな村がありました。この村では日照りが続き、困った村人たちはイライラしていました。 ある時、村のお百姓さんが手樋越の淵の堤を通りかかると、龍が雷...…全文を見る

Re: 七駄田

投稿者:ゲスト 投稿日時 2013/3/30 23:33
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
小貝川の名はひざ流域の貝塚から小さな貝がとれたことからという説、常陸と下総の国境をしもうさ流れていたので国境こっかいが、いつしかこかいになったという説がありますが明らかではありません。
また、小貝川の最大支川である五行川の名は、川のほとりで、真岡もおかの大前おおさき明垂先勝祈願の勤行をしたことに由来するという説、弘法大師が芳志戸ほうしと地内の手彦淵で水ごりを取り、五つの修行を行ったことに由来するという説などがあります。
小貝川及び五行川流域は、迫ム資源の豊かな肥沃な土地として古代から開け、芳賀はが地方の文化が育てられました。
投票数:28 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

132 人のユーザが現在オンラインです。 (74 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)