Re: 立花六角堂 立花山の戦い

立花六角堂 についてのコメント&レビュー投稿
昔、岐阜の立花に地蔵坂峠という峠があった。 ある日、飛騨からやって来た一人の大工がこの峠を通りかかった。すると突然霧が出てきて、その中に六角のお堂がぼんやりと現れた。よ...…全文を見る

Re: 立花六角堂 立花山の戦い

投稿者:ゲスト 投稿日時 2015/10/1 2:48
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
立花山の戦い(たちばなやまのたたかい)は、天正11年(1583年)に遠藤慶隆・胤基と佐藤秀方・森長可との間で行われた戦い。結果は佐藤・森連合軍(羽柴秀吉方)の勝利。
天正10年(1852年)の山崎の戦いで明智光秀が羽柴秀吉に敗れた後、美濃国岐阜城主となった織田信孝は秀吉と対立し、北濃東濃の多くの諸将は秀吉に従ったが、郡上郡の遠藤慶隆と胤基は、信孝に与し続けた。
天正11年(1583年)1月、武儀郡の諸士は、須原(現美濃市)・洞戸(現関市)に陣を構え、郡上と岐阜の連絡を遮断した。これを知った遠藤方は300余騎(『篠脇城主東家譜記』では2,000人)で陣を攻め落とし、立花山(現美濃市)に兵を置いて固守した。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E8%8A%B1%E5%B1%B1%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
投票数:23 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

15 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)