Re: みょうがの宿

みょうがの宿 についてのコメント&レビュー投稿
昔、安芸の宮島の厳島神社(いつくしまじんじゃ)へ続く街道筋に、とても欲深い夫婦が一軒の宿屋を営んでいた。強欲ぶりが旅人にもわかるのか、客はめったに来なかった。 その宿に...…全文を見る

Re: みょうがの宿

投稿者:マルコ 投稿日時 2014/3/25 18:11
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
これでは周梨槃特さんが可哀相で、ミョウガも哀れ、食べる気がしませんね。でも、周梨槃特についてはもっと良いお話もあるのです。

 須梨槃特は兄と共にお釈迦さまに弟子入りしましたが、生まれつき大変物覚えが悪く、お経の一行も覚えられません。自分のあまりの愚かさを嘆いた須梨槃特はお釈迦さまに破門を願い出ました。しかしお釈迦さまは

「自らの愚かさに気付いたのだから、お前はもう愚か者ではない」

と諭されました。そして、箒とちり取りを与えて、

「須梨槃特よ、お前はお経を覚えなくてよい。その代わりに、これで毎日修行場の掃除をしなさい。ただし、掃除のあいだ『塵を払え』と唱え続けなさい。これならなんとか覚えられるでしょう」

と教えられました。

 須梨槃特はその日から毎日欠かさず掃除を続け、一心に 「塵を払え、塵を払え、・・・・・」 と唱え続けました。そしてある時、お釈迦さまから 「塵には眼に見えるものと眼に見えないものとがあるのですよ」 と教えられて、真に払い除くべきものは自分の心の中の塵だ、と気付きます。

 こうして須梨槃特は翻然と悟り、知的障害を乗り越えて仏心を体得した尊者となりました。そして須梨槃特が死んだあと、墓のまわりに生えたミョウガは悟りのシンボルになりました。

また、須梨槃特の霊は、摩陀羅神(またらじん、摩多羅神とも書く)という仏道修行者を守る神となったということです。
投票数:22 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)