Re: さだ六とシロ

さだ六とシロ についてのコメント&レビュー投稿
秋田県の山奥の鹿角(かづの)の領に、さだ六という鉄砲打ちの名手がいた。 さだ六は、子牛ほどもある真っ白なシロという秋田犬を飼っていて、とても優秀な猟犬だった。さだ六は、...…全文を見る

Re: さだ六とシロ

投稿者:まつちん 投稿日時 2013/11/23 16:03
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 .7 .8 .9 .10 .11 .12 .13 .14 |
悲しい事は悲しいですが、矛盾点も多いです。

なんせ、将軍さまの証文ですから、本物と判明した時の事を考えたら、安易に処分は下さないはず。
打ち首も重すぎる。自分の藩はそんなに無力なのでしょうか。

そしてさだ六自身の過失。
隣の領へ出る時、狩りが成功して獲物を持って帰る時等々・・・証文の事に気づくチャンスはいくらでもあったはず。狩りのプロとしては、危険予知が足りないですね。
投票数:36 平均点:9.44

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

139 人のユーザが現在オンラインです。 (81 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)