Re: さだ六とシロ

さだ六とシロ についてのコメント&レビュー投稿
秋田県の山奥の鹿角(かづの)の領に、さだ六という鉄砲打ちの名手がいた。 さだ六は、子牛ほどもある真っ白なシロという秋田犬を飼っていて、とても優秀な猟犬だった。さだ六は、...…全文を見る

Re: さだ六とシロ

投稿者:Perenna 投稿日時 2021/5/19 23:50
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話は「日本の伝説14・秋田の伝説」(角川書店)でも紹介さていますが、さだ六が撃った獲物は「猪」となっています。
「ある日、佐太六はシロを連れて狩りに出たが、猪を見つけて撃ったが手負いになったまま逃げるので、その後を追って三戸城近くまで行き、ふたたび猪を見つけて撃ったとたんに姿を消してしまった。」と書かれています。
この文章を書いたのは野添憲治氏という方です。
地元でほんとうに「猪」という伝承があるのか、それとも、瀬川拓男と松谷みよ子夫妻の著した「秋田の伝説」や「日本の民話」などを参考にして文章を書かれたのでしょうか?
獲物はイノシシなのかアオシシ(カモシカ)なのか?
いったいどちらなのでしょうかね?
投票数:33 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

40 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)