トップページ >  お話データベース >  東北地方 >  秋田県 >  さだ六とシロ
No.0062
さだろくとしろ
さだ六とシロ
高ヒット
放送回:0037-A  放送日:1976年06月19日(昭和51年06月19日)
演出:亜細亜堂  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:亜細亜堂
秋田県 ) 46354hit
あらすじ

秋田県の山奥の鹿角(かづの)の領に、さだ六という鉄砲打ちの名手がいた。

さだ六は、子牛ほどもある真っ白なシロという秋田犬を飼っていて、とても優秀な猟犬だった。さだ六は、猟の名人だったため、他国の領地でも自由に猟をすることを許された将軍さまの証文を持っていた。

冬のある日、シロと一緒に猟に出かけたさだ六は、珍しい青猪(あおいのしし)を見つけた。どんどん追いかけているうちに、隣の三戸領(さんのへりょう)に入り込み、とうとう青猪を巣穴まで追い詰めた。

青猪の巣穴には、傷ついた母イノシシのと小さな子供のイノシシがいた。さだ六は、少々ためらったが「猟師の定めじゃ、許せ」と言い、引き金を引いた。

その晩は、ものすごい吹雪だったため、山の洞穴で夜を明かした。翌日、親子の青猪をソリにのせ、自分の領地に向けて歩いていると、三戸領の役人に呼び止められた。

さだ六は、天下御免の証文を見せようとしたが、家に忘れてきてしまった。証文がなければ、明日、処刑される。主人の危機を察したシロは、証文を取りに家に駆け戻るが、シロが戻ってみると既にさだ六は処刑された後だった。

シロはさだ六の死体をひきづって、いくつもの峠を越えて自分の領地へ向かった。しかし、力尽きたシロは、自分の領地に入った所で悲しい遠吠えを残し、そのまま石になった。今でも、この峠の事を「犬吠峠」という。

(投稿者: ゲスト 投稿日時 2012-6-6 12:54 )


参考URL(1)
http://akitanosake.com/his/
ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第2集(DVD第6巻)
VHS情報VHS-BOX第2集(VHS第15巻)
場所について老犬神社(秋田犬シロをまつる)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:老犬神社(秋田犬シロをまつる)
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第5巻-第024話(発刊日:1976年8月10日)/童音社BOX絵本_第77巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/二見書房まんが日本昔ばなし第6巻-第22話(発刊日:2006年1月24日)/講談社テレビ名作えほん第017巻(発刊日:1977年12月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「秋田地方の昔ばなし」
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(童音社編集部)によると「秋田地方の昔ばなし」
講談社の300より書籍によると「秋田県のお話」
このお話の評価7.0370 7.04 (投票数 27) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/6/6 23:42 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 31  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  8  .. 31  次>  
コメント一覧
10件表示 (全11件)
歳の順  投稿日時 2018/4/15 14:23
芝山努さんと小林治さんのアニメーションが素晴らしいと思います。後代官の隈取がなんか怖い。
秋人  投稿日時 2018/2/10 22:50
地元では知らない者のいない話
にんにん  投稿日時 2018/1/23 21:49
私も将軍直々の大事な証文をそう簡単に忘れるものか、もしそうだとしても有無をいわさずの早急な打ち首は厳罰すぎると思います。
さだ六は、もしかして見てはいけないものを見てしまったのではないでしょうか。だから役人は、本人には証文携帯忘れを全面に押し出し速やかに口封じを行った。通常は、後日確認で大丈夫だったのかもしれませんね。

ここのコメントで、後日談とシロさんお鎮めの神社が在るのを知ることができ、このお話に対する胸のつかえが少しとれました。機会があればお詣りしにゆきたいです。
ゲスト  投稿日時 2017/11/6 16:33
悲しい…
ゲスト  投稿日時 2017/11/6 16:09
小さい頃、さだ六のために走るシロの姿を祈るような気持ちで見ていました。
まゆりん  投稿日時 2017/2/28 14:44
この物語は私の中でベスト1に入ります。
リアルタイム放送時には、子供ながらに切なくて泣きました。
少し前に、時代劇専門チャンネルで放映されていましたが、今みても凄く良かった!
坊屋良子  投稿日時 2016/2/16 16:56
絵柄が「ガンバの冒険」「元祖天才バカボン」を思わせますね。
ゲスト  投稿日時 2015/1/10 14:04
さだ六のうっかりでシロも犠牲に…(´;ω;`)
わぎゃー  投稿日時 2014/12/28 10:09
この話には実は続きがあって、さだ六の処刑後、この地方には天変地異がおこり、定六の処刑に関連した人々は無惨な死を遂げた。さらにそのシロの遺骸があった所、武士が馬に乗って通りかかると、突然馬が暴れだし、落馬して重傷を負う事故が多発したため、シロの怨念を鎮めるために老犬神社を建てたという。
わぎゃー  投稿日時 2014/12/22 22:36
この話、釣りキチ三平で有名な矢口高雄氏の「ニッポン博物誌」にも、少々変更が加えられてたエピソードがありますね。
投稿ツリー
10件表示 (全11件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

90 人のユーザが現在オンラインです。 (74 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)