姫と白蛇のアニメータ「山田 みちしろさん」について。

姫と白蛇 についてのコメント&レビュー投稿
昔、栃木のある寺の前で、菓子や線香を売って暮らしているお婆さんがおりました。信心深いお婆さんは毎朝、お寺の山門の掃き掃除をしておりました。 ある霧の深い朝のこと、一人...…全文を見る

姫と白蛇のアニメータ「山田 みちしろさん」について。

投稿者:マルコ 投稿日時 2013/11/20 18:35
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
姫と白蛇の山田みちしろさんはどんな方なのか気になったので調べてみました。
山田 みちしろ(本名:山田 道代、やまだ-、1949年 - )は、亜細亜堂に所属する日本の男性アニメーター、キャラクターデザイナーである。


Aプロダクション(現・シンエイ動画)では『元祖天才バカボン』、『ガンバの冒険』などの原動画を担当する。亜細亜堂には設立時より参加し『フクちゃん』、『燃える!お兄さん』、『ぼのぼの』などでキャラクターデザイン、作画監督を務める。子供向け低等身のキャラクターを得意にしているベテランアニメーターの一人で、芝山努と小林治が実質的に経営の方に専念している中、社内のアニメーターを纏める中心的な役割を担っている。亜細亜堂の柱である「ファミリー向け」作品の信頼性やクオリティは山田の腕によるところが大きいと言える。

このお話は栃木でも有名なお話なので、道城さんにお会いできたら、まんが日本昔ばなしのお仕事をなさっていた時のこと色々と聞いてみたいですね・・・。
投票数:37 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)