泉渓寺の仮本堂はもともと・・・。「姫と白蛇」

姫と白蛇 についてのコメント&レビュー投稿
昔、栃木のある寺の前で、菓子や線香を売って暮らしているお婆さんがおりました。信心深いお婆さんは毎朝、お寺の山門の掃き掃除をしておりました。 ある霧の深い朝のこと、一人...…全文を見る

泉渓寺の仮本堂はもともと・・・。「姫と白蛇」

投稿者:ゲスト 投稿日時 2013/2/11 7:02
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
泉渓寺の仮本堂はもともと、蛇姫様のお部屋を移したもので、床下には、姫を守る白蛇がいたらしいですよ・・・。

泉渓寺概要: 泉渓寺の創建は延文5年(1360)源翁禅師が開山したと伝えられています。元中2年(1385)源翁禅師は、那須野ヶ原の殺傷石が悪さをし大きな被害を与えていた事を聞き及び朝廷からの勅命を受けこれを鎮めました。この功により後小松天皇の勅願所となり大寂院の勅額を賜り、勅使門を建立しました。その後、永正11年(1514)に下境から中央一丁目に移り、延宝3年(1675)に現在地に移っています。

泉渓寺の文化財
 ・ 泉渓寺勅使門 - 那須烏山市指定有形文化財
 ・ 勅額(大寂院) - 那須烏山市指定有形文化財
 ・ 源翁和尚坐像 - 那須烏山市指定有形文化財

名称泉渓寺 (センケイジ) .所在地〒321-0628
栃木県那須烏山市金井1-12-5 MAP
TEL:0287-82-2876 .その他情報創建年代 :1360
.お問合わせ0287-82-2876
投票数:33 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)