もみじさんありがとうございます。「姫と白蛇」

姫と白蛇 についてのコメント&レビュー投稿
昔、栃木のある寺の前で、菓子や線香を売って暮らしているお婆さんがおりました。信心深いお婆さんは毎朝、お寺の山門の掃き掃除をしておりました。 ある霧の深い朝のこと、一人...…全文を見る

もみじさんありがとうございます。「姫と白蛇」

投稿者:マルコ 投稿日時 2012/7/14 8:16
いつもいつもあらすじをありがとうございます。
栃木でもこのお話は結構有名ですよ。だって栃木で発売されたJRのオレンジカードに蛇姫様のお話が載るくらいですから。
あと・・・この話を題材にして書かれた小説「蛇姫様」や映画もあるんですから!!

この話の舞台となった太平寺は803年に坂上田村麻呂が蝦夷征伐の折、逆賊調伏の祈願のため、千手観音菩薩を安置して大願成就を祈って堂宇を建立したと言われています。
太平寺は歴代烏山城主の信仰があつく、境内には2代城主大久保忠胤の四女於志賀(川口松太郎の小説「蛇姫様」のモデルとなった姫)の墓などがあります。

蛇姫様のお墓は地域の人が大切に守ってくれているおかげで今もあります。
マルコが現地に行って撮影した写真があるので見てくださいね!!
投票数:30 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

107 人のユーザが現在オンラインです。 (39 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)