歌姫・美空 ひばりさんの歌にもなってる「姫と白蛇」

姫と白蛇 についてのコメント&レビュー投稿
昔、栃木のある寺の前で、菓子や線香を売って暮らしているお婆さんがおりました。信心深いお婆さんは毎朝、お寺の山門の掃き掃除をしておりました。 ある霧の深い朝のこと、一人...…全文を見る

歌姫・美空 ひばりさんの歌にもなってる「姫と白蛇」

投稿者:マルコ 投稿日時 2013/8/12 14:48
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
美空ひばりさんの歌に『蛇姫様』って歌があるんですが、その歌が「姫と白蛇」に登場する蛇姫様と蛇に姿を変えた侍女のおすがさんのことをうたった歌なんだそうです。栃木県民として今まで知りませんでした!!

「蛇姫様」
作詞・石本美由起
作曲・古賀政男
歌・美空ひばり

お城櫓に出る月は、誰の涙で潤むやら 花の御殿の姫様暮らし、心許せる人もない。

隠す涙が分かるなら、ふるな寂しい山しぐれ。

笛に心を誘われながら、弾けば琴さえ泣いている。

「すが」は死んでも、幻は、そばを離れず生きている。

噂悲しや、蛇姫様と、何を騒ぐか小夜嵐。

ひばりさんの「蛇姫様」を聴きたい方はこちらへ
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=sPpMISejNTM

蛇姫様の事をいろいろ調べていて分かったんですけど、まんが日本昔ばなしの蛇姫様と実際の蛇姫様は微妙に異なっているんですよね・・・。
投票数:36 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

49 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)