ミラクルなし、遭難とはこういうこと。

吉作落とし についてのコメント&レビュー投稿
ある山に、岩茸(いわたけ)を採って暮らしている「吉作」という若者がいた。独り暮らしの吉作は山の男らしく、身も心も清くたくましい立派な若者だった。 ある晴れた日、初めて入...…全文を見る

ミラクルなし、遭難とはこういうこと。

投稿者:パセリ 投稿日時 2018/6/16 20:44
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
かなり早い段階で、二度と引き返せない状況になった、放送時間全体15分で、残り10分くらい主人公と一緒に、悲しく絶景を眺めていた。
この放送から、自分の時間が止まった。
山の遭難はこういうことと教わった、
救助は偶然のミラクルで、鬼も天狗も仙人も、奇跡のファンタジーは、気にかけてくれる人がいてこそ成立する。
人とのつながり、危険を察知することの大切さをしみじみ思った。
投票数:35 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

38 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)