Re: 夢地蔵

夢地蔵 についてのコメント&レビュー投稿
昔、埼玉の比企(ひき)の高坂という所に、怠け者の長太という百姓がおったそうな。 長太は毎日子供らに小博打をけしかけて遊んでおり、自分の田んぼの田植えをしようともせんかった...…全文を見る

Re: 夢地蔵

投稿者:ゲスト 投稿日時 2016/1/13 14:30
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
高坂地区岩殿、地蔵橋 傍 旧鎌倉街道 沿の 地蔵尊
お話のお地蔵様に感じが似ています。(なお真偽は不明です)

望月の一本松地蔵
高坂並木通りから九十九川にかかる「地蔵橋」を渡りすぐ先の伊藤小児科の横を折れ少し下ると右側にこんもりとした松の木の一画がある。ここに石地蔵が祀られています。良く通る道でも、立ち寄って見ることも無かったのですが、気になっていたので足を止めて行ってきました。なお、名前が分からないので勝手に「望月の一本松地蔵」としましたが、お分かりの方がいらっしゃいましたら連絡ください。地蔵橋という名前もこの由緒ある石地蔵に由来していると考えられます。
高坂丘陵地区白山台の住宅街を臨む写真右側の木立がそうです。

お地蔵さん
 北向き地蔵尊で「普門品供養塔」(ふもんぼんくようとう)と名前がある。「宝暦四甲戌天正月吉日」とあるので今から260年近く前の江戸後期の建立。(宝暦四年は西暦1754年)結構歴史を刻んでいます。台座への補強もされているが、立派な舟形後背のお地蔵さん。  合掌。

鎌倉街道
お地蔵さんの横に「史跡 鎌倉街道跡」の石碑があります。
ここは昔々「鎌倉街道」であったとの説明が記されている。高坂丘陵地区開発で南はすぐに途絶えてしまっている。この道は単なる高坂駅方面の裏道ではなく、由緒正しい古道なのだ。それで昔、このメインストリートからの分かれ道ということでお地蔵さんが祀られたのかと勝手に想像してみるが、この先に巌殿観音の門徒で「長松寺」があったとのことだがその参道の始まりだったのかもしれない。
石碑には昭和59年4月10日と記されているので、高坂丘陵地区街開きと同じ時期に地元の人達で変わる郷土の記念碑として後世に伝えるために建立した。こうして”新住民”が30年近くして歴史の勉強に訪れたのだった。

ふせぎ
時々この近隣の田舎道の辻で目にするわら細工の得体の知れないものの名前がやっと分かった。「ふせぎ」という。集落の入口や外れで魔除け、結界をしめすもの。ここでは松の幹に縛り付けられている。たしかに昔は村外れの場所。
http://www.qryo.net/hikitenbyo007.html
投票数:13 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

13 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)