Re: 夢地蔵

夢地蔵 についてのコメント&レビュー投稿
昔、埼玉の比企(ひき)の高坂という所に、怠け者の長太という百姓がおったそうな。 長太は毎日子供らに小博打をけしかけて遊んでおり、自分の田んぼの田植えをしようともせんかった...…全文を見る

Re: 夢地蔵

投稿者:ゲスト 投稿日時 2016/1/13 12:46
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
高坂(たかさか)は、埼玉県東松山市を構成する一地区の地名、およびその地区内の町名(大字)。行政上、歴史上の枠組とは別に高坂駅周辺を漠然と指す場合もある。
都幾川の低地から物見山に至る丘陵地へのなだらかな坂が延々と続いている事が高坂の由来と言われる。

高坂地区
明治の大合併によって1889年に旧高坂村・西本宿村・宮鼻村・田木村・岩殿村・大黒部村・正代村・早俣村が合併して高坂村となったが、さらに昭和の大合併により1954年に松山町・大岡村・唐子村・高坂村が合併して東松山市となり、旧高坂村域は高坂地区ととらえられるようになった。その後、1984年に分譲の始まった高坂ニュータウンの開発に伴って人口が増加したことから、桜山台・白山台・旗立台・松風台を「高坂丘陵地区」として高坂地区から分離し、現在の高坂地区の区域となった。

町名一覧 :
・あずま町1丁目・あずま町2丁目・あずま町3丁目・あずま町4丁目
・元宿1丁目・元宿2丁目・大字岩殿・大字大黒部・大字正代
・大字高坂1丁目・大字高坂2丁目・大字高坂3丁目・大字高坂4丁目
・大字西本宿・大字田木・大字早俣・大字宮鼻

沿革
江戸時代には、川越児玉往還(川越道)と千人同心街道(日光道)の交わる高坂宿として発達した。
1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、比企郡高坂村・早俣村・正代村・宮鼻村・毛塚村・田木村・西本宿村・岩殿村が合併し、高坂村が成立する。
1923年(大正12年) - 東武東上線(東上本線)高坂駅が開設される。
1954年(昭和29年) - 松山町・大岡村・唐子村・野本村と合併、東松山市となる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%9D%82_(%E6%9D%B1%E6%9D%BE%E5%B1%B1%E5%B8%82)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%9D%82%E6%9D%91_(%E5%9F%BC%E7%8E%89%E7%9C%8C)
投票数:17 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)