Re: フカ地蔵

フカ地蔵 についてのコメント&レビュー投稿
昔、瀬戸内海の沖家室島(おきかむろじま)に一人の海女がいた。 この海女は、島の中でも一番よく働き、誰よりも多くアワビやサザエを取った。その上、漁師たちでさえ太刀打ち出来...…全文を見る

Re: フカ地蔵

投稿者:ゲスト 投稿日時 2015/10/22 15:22
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |

鱶になった地蔵さん ~山口県沖家室島~
 瀬戸内海の沖家室島に善右衛門ちゅう漁師がおったげな。やさしい男で、泊清寺の地蔵さんにお参りを毎日しておった。善右衛門には女房がいたが、この女房には他に男がいて夫を殺しちゃろうと機会をうかがっていた。
 ある日、女房が沖の千貝の瀬へ貝採りに行こうと言ったげな。そこは満ち潮になると海ん中に沈んでしまうという不気味な瀬じゃったが、女房の頼みだからと舟を出すことにした。善右衛門が夢中で貝を採っているうちに女房が舟を漕いで瀬から離れ、善右衛門は置き去りにされてしもうた。やがて陽も落ち、潮はじりじりと満ちてきた。善右衛門は「南無地蔵大菩薩…」と日ごろ信仰する地蔵さんの名を唱えながら死のうと思ったげな。
 すると、一匹の鱶がじっと善右衛門を見て、まるで我が背に乗れちゅうようなそぶりじゃ。善右衛門は思わずその背にまたがったが、その背が滑って海に落ちそうになる。慌ててつかまったとたん、手に持っちょった小刀をぐさっと鱶の背に刺してしもた。引きぬこうとしたが、鱶は痛がったり怒ったふうもなかったので、善右衛門は「すまんこつ」とつぶやきながら、鱶につかまって無事に岸辺に着いた。そして鱶は海へ消えていった。
 次の朝、泊清寺へ向かった善右衛門はたまげた。お地蔵さんの背にきのう鱶に突きたてた小刀がそのまま打ちこまれちょったげな。善右衛門は「ありがたいこっちゃ」と泣いて喜んだげな。
http://www.kyosuiren.or.jp/html/page01411.html
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

95 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)