笹無山、で息子を殺した侍は「佐々木三郎盛綱」

笹無山 についてのコメント&レビュー投稿
昔、備前の国藤戸という寂しい漁村に漁師の親子が住んでおりました。息子の名は「与助」と言い、大変な孝行者でした。 平穏に暮らしていた親子でしたが、源平の合戦が激化して平家...…全文を見る

笹無山、で息子を殺した侍は「佐々木三郎盛綱」

投稿者:beniko 投稿日時 2012/4/6 20:47
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 最終変更
書き込みを見て気になったので、未来社の民話の本を読んでみました。出典元である本には、確かに「佐々木三郎盛綱という侍」とありました。※未来社の本に書かれていた内容は日本昔ばなしとほぼ同じでした。
能の演目にもなっていたんですね、能の演目紹介では『平家物語』第十巻「藤戸」を脚色したもの、とありました。以下のページです、ふむふむって感じです。
http://www.hakusho-kai.net/welcome/programs/fujito.html
投票数:28 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

15 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)