No.1314
ささなしやま
笹無山
高ヒット
放送回:0831-A  放送日:1992年02月15日(平成04年02月15日)
演出:小林三男  文芸:沖島勲  美術:阿部幸次  作画:上口照人
岡山県 ) 39486hit
あらすじ

昔、備前の国藤戸という寂しい漁村に漁師の親子が住んでおりました。息子の名は「与助」と言い、大変な孝行者でした。

平穏に暮らしていた親子でしたが、源平の合戦が激化して平家が一の谷に逃げてきたことから、源氏の兵が藤戸の村に陣をかまえるようになりました。

ある冬の冷たい雨が降っていた晩のこと。与助が一人で漁にでかけ船で準備をしていると、甲冑姿の鎧武者が現れて「浅瀬の場所」など内海について詳しく聞いてきます。

与助は、丁寧に侍たちの質問に答えてやりました。浅瀬の場所を聞いた侍たちは、さらに分かりやすいように「瀬踏み」をして欲しいと頼み、与助は断るわけにもいいかずに、冬の冷たい海に裸になって入り、浅瀬に目印の竹をつける作業を手伝いました。

ところが、その作業が終わって与助が漁に戻ろうとすると、大将の佐々木は「このような下郎はどこで誰に漏らすやもしれん」と口封じのために与助を斬りつけたのです。

漁師仲間が内海に浮かんでいた与助を見つけ、母親が駆けつけた時には既に与助は冷たくなっていました。あとから与助を切りつけたのは「佐々木」という武将であることがわかりましたが、母親にはどうすることもできませんでした。

「与助が一体何をした…おのれ佐々木」
母親は何を思ったのか裏山に駆け上ると「佐々木憎けりゃ笹まで憎い。佐々木よ与助を戻せ」と言いながら笹の葉を引きちぎりはじめました。

母親は全身血まみれになっても笹の葉を引きちぎり続け、とうとう広かった裏山の笹はひとつ残らず葉を引きちぎられてしまいました。後にこの話を聞いた佐々木は、流石に己の行為を悔いたのか写経をしたり、与助の霊を慰めるためお堂を立てたりしました。

裏山の笹はそののちも全く生えることはなく、村人はこの山を誰ともなしに「笹無山」と呼んだそうです。

(投稿者: もみじ 投稿日時 2012-8-6 15:23)


参考URL(1)
http://www8.tok2.com/home2/ei0120/run/06/04/22.htm
ナレーション常田富士男
出典稲田浩二(未来社刊)より
出典詳細岡山の民話(日本の民話36),稲田浩二,未来社,1964年03月15日,原題「笹無山」,採録地「倉敷市」,ささなし山、藤戸町誌より
場所について岡山県倉敷市藤戸町天城の笹無山(周辺)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:岡山県倉敷市藤戸町天城の笹無山(周辺)
追加情報
このお話の評価6.2500 6.25 (投票数 8) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/6 15:48 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 33  件):   <前  1 ..  27  28  29  30  31  32  33  次>  
コメント一覧
10件表示 (全20件)
マルコ  投稿日時 2013/8/18 1:05
このサイトの中の栃木県のお話のところに書き込みしたんですけど・・・。
分かりにくかったですか?ごめんなさい!!

栃木のまん日の舞台に行ってみたいっていうのは、嬉しいですね!!

マルコもいろいろ忙しいのですが、できる限り、お答えしましょう!!

ところで、KKさんって大学生ですか?変な質問してすいません。
KKさんの書き込みを読んでいて、もしかして、大学生?って思ったものですから・・・。
KK  投稿日時 2013/8/5 19:41
今まで書いたもの・・・ですか。
どこにありますか?
その話についての情報はおもに場所が知りたいですね。
行く機会があれば、立ち寄ってみたいと思ってるんです
マルコ  投稿日時 2013/8/4 19:13
「出流原弁天池」や「山伏とたんじゃく棒」「さぎしょっぱらの狸」「「鷺宮」「鬼怒沼の機織姫」が好きなのですね!!詳しい情報は、マルコが今まで書いた物を読んでください!!
今まで書いたものを読んでわからないところがあったら、質問してください!!

何か知っている情報とは豆知識とか場所とかでしょうか?何について知りたいのか、もうちょっとハッキリしてくれると質問に答えやすいのですが・・・。

「山伏とたんじゃく棒」は原作本を読んだのですがお話の場所が書かれていないのでわかりませんし、「さぎしょっぱらの狸」はこの話の原作本の作者の日向野徳久さんが栃木県箱森にお住いだそうです。でも、相当昔の情報なので、日向野さんが今もご存命なのかは、怪しいところです・・・。
KK  投稿日時 2013/8/3 20:06
乗った事はありませんが、見た事ならありますよ。
外装は焦げ茶色?みたいな色です。
昔ばなしといっても、岡山の歴史ですね。
後楽園や岡山藩主の池田家や雪舟の伝説などです。
期待の答えられてないかもしれませんが、これが精一杯です。
逆に質問いいでしょうか?
栃木では「出流原弁天池」や「山伏とたんじゃく棒」、「さぎしょっぱらの狸」「鷺宮」「鬼怒沼の機織姫」など、自分の好きな話が多いのですが、この中の話で何か知ってる事があれば教えてください
マルコ  投稿日時 2013/8/3 18:47
KKさんありがとうございます!!岡山の方に質問できるなんて・・・嬉しいし、心強いです!!

さっそく岡山についての質問してもいいですか?返事は強制していないので、いつでもOKです!!わからないなら、わからないって言ってくださいね。

それでは、質問しますね!!

岡山県では、吉備線だったかな?まんが日本昔ばなしの声優の常田富士男さんが岡山の昔ばなしを語ってくれる電車を期間限定で運行しているって聞いたんですが、KKさんは昔ばなし電車に乗ったことはあるんですか?
マルコは一度乗ってみたいと思っているのですが、栃木から岡山ってすごく離れているじゃないですか・・・乗る機会が全くないのです!!
もし、昔ばなし電車に乗ったことがあるのなら、どんな感じなのか、色々教えてください!!
KK  投稿日時 2013/8/3 14:50
藤戸という場所に、盛綱橋といって佐々木盛綱の橋がかかっているんです。その橋を調べてみたら、このまん昔の「笹無山」と一致したので興味を持ちました。県内なので、行く機会があった時見てみました。山とは言えないですね。笹も生えてますし。
「つらしくらし」の場所は現在、建物ができています。
「杓島」は、家からかなり近いのですが専用の船などがなければ行けれないと思います。
「きつねがわらった」は、美作の方で遠いのでとても行けれません。でも、機械があれば行ってみたいです。
「人形峠」は、小学校の頃地図帳で見て、不思議な名前なので調べてみたら、まん昔の話が出てきたんです。それから、まん昔を見るようになりました。

マルコさん、なんでも聞いてください。岡山の事ならできる限り、力を尽くしたいと思います。
マルコ  投稿日時 2013/8/1 22:47
KKさんでいいのでしょうか?
マルコの書き込みを読んでくださってありがとうございます!!「笹無山」のお話は、平家物語と能の本を読んでいて偶然一致している話があることに気が付いて、それで、興味が出てきて色々と知りたくなってきたのです!!それで、調べたことをこのサイトに投稿しているというわけです・・・。

「つらしくらし」の舞台の近くに住んでいるそうですね?まん日の舞台の近くに住んでいるなんて・・・いいですね!!羨ましいです!!
実を言うと、マルコは岡山県民ではありません。でも、岡山のまん日にはとても興味があるんです。
岡山って良いお話多いですよね!「きつねがわらった」一番好きです!!「杓島」行ったことはありませんがどんな島見てみたいですし、「人形峠」はたしか・・・名探偵コナンに出てくるほど有名ですよね!!

実を言うと、マルコは岡山県民でないので、岡山の事にはあまり詳しくはないのです。ど素人なんです・・・。でも、岡山のまん日にはとても興味があるんです!!もし、何か質問したいことがあったら質問してもいいですか?岡山に住んでいるKKさんに岡山の事、いろいろ教えてもらいたいのです!!教えてください!!お願いします!!
返事は強制していませんし、嫌だったら嫌って言ってくれれば、それ以上は何も言いません!!
KK  投稿日時 2013/7/31 22:31
久しぶりにきました。なんか・・・全体的に変わってますね。
それと、マルコさんはまさか岡山県民ですか?
実は自分もそうなんです。倉敷市で「つらしくらし」の場所から30分ぐらいのところです
マルコ  投稿日時 2013/7/29 23:43
笹無山
藤戸合戦で渡海先陣の偉効をたてた武将のかげで、名もない老母の嘆きをこの小山は秘めている。
船のない源氏は攻めあぐね、対岸の平氏の陣をみつめるのみであった。
佐々木盛綱は浜で思案していると、瀬戸の海を自分の庭のように熟知している浦の男にであった。
彼は老いた母と二人で暮らしていた。男は盛綱の求めに応じ、一条の浅瀬があることを教えた。
同行してくれれば褒美をとらすとの盛綱のことばを信じ、海中に入り目印の笹をたてながら先にたって案内した。
しかし彼は再び帰ってはこなかった。彼の口から浅瀬を他の武将に語られるのを恐れた盛綱は、無慈悲にも人知れず斬り捨て海中に沈めたのである。
このことを知った老母は半狂乱となり、佐々木と聞けば笹まで憎いと笹をむしり取り、恩を仇で返した盛綱の残酷なしうちをのろった。
老母の怨念が宿ったのか後の世まで、この小山には笹が繁ることはなかったという。
               藤戸史跡保存会(現地案内板より)
マルコ  投稿日時 2013/7/29 23:42
藤戸の戦い

藤戸の戦い(ふじとのたたかい)は、平安時代の末期の寿永3年/元暦元年12月7日(ユリウス暦:1185年1月10日)[1]に備前国児島の藤戸と呼ばれる海峡(現在の岡山県倉敷市藤戸町)で源範頼率いる平氏追討軍と、平家の平行盛軍の間で行われた戦い。治承・寿永の乱における戦いの一つ。藤戸合戦、児島合戦とも言う。

経過
寿永3年2月7日(1184年3月20日)の一ノ谷の戦いで敗れた平氏は西へ逃れた。平氏は瀬戸内方面を経済基盤としており、備前・備中などの豪族も大半が平氏家人であり、瀬戸内海の制海権を握っていた。

寿永3年/元暦元年[1]9月1日 (旧暦)(1184年10月7日)、源範頼率いる平氏追討軍は京を出発して西国へ向かった。海上戦に長けた平氏軍に対し、水軍を持たない追討軍はその確保が課題であった。瀬戸内海の武士団を味方に付けるべく、鎌倉の頼朝は9月19日に平氏から離反したと思われる讃岐国の家人に対して、西国伊予国の武士橘公業に従い、平家討伐のため鎮西に向かうことを命じている。また武蔵国の御家人豊島有経が紀伊国の守護に任じられ、兵士や兵糧の調達にあたった。また梶原景時は10月に淡路国で水軍の調査を行い、石見国の有力武士益田兼高を源氏方に付けるなど軍事・政治両面での工作活動を行っている。

しかし源氏軍の水軍確保は進まず、範頼は10月に安芸国まで軍勢を進出させたが、屋島から兵船2000艘を率いて来た平行盛によって兵站を絶たれ、11月中旬になると範頼から鎌倉の頼朝へ兵糧の欠乏と東国武士たちの士気の低下を訴える手紙が次々送られている。

現在の藤戸周辺は干拓により陸地となっているが合戦の当時は海に島が点在している状態であった。平行盛は500余騎の兵を率いて備前児島(現在の児島半島)の篝地蔵(かがりじぞう、倉敷市粒江)に城郭を構えた。九州上陸を目指す源氏軍にとって、この山陽道の平氏拠点の攻略は必須課題であり、追討軍の佐々木盛綱が城郭を攻め落とすべく幅約500mの海峡を挟んだ本土側の藤戸(現在の倉敷市有城付近)に向かう。『吾妻鏡』によると、波濤が激しく船もないため、渡るのが難しく盛綱らが浜辺に轡を止めていたところ、行盛がしきりに挑発した。盛綱は武勇を奮い立たせ、馬に乗ったまま郎従6騎を率いて藤戸の海路三丁余りを押し渡り、向こう岸に辿り着いて行盛を追い落としたという。平氏軍は敗走し、讃岐国屋島へと逃れた。

この合戦は『平家物語』「藤戸合戦」の段で9月の事として書かれ、盛綱の活躍も吾妻鏡と一致しているが、盛綱が先陣の功を狙って浦の男に地形を尋ね、浅瀬を見つけた後で口封じの為に男を殺してしまう場面は、覚一本など語り本系『平家物語』のみに見られ、延慶本や『源平盛衰記』にはない話である
投稿ツリー
10件表示 (全20件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

53 人のユーザが現在オンラインです。 (32 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)