笹無山って能の『藤戸』のあらすじとよく似ているような・・・。

笹無山 についてのコメント&レビュー投稿
昔、備前の国藤戸という寂しい漁村に漁師の親子が住んでおりました。息子の名は「与助」と言い、大変な孝行者でした。 平穏に暮らしていた親子でしたが、源平の合戦が激化して平家...…全文を見る

笹無山って能の『藤戸』のあらすじとよく似ているような・・・。

投稿者:マルコ 投稿日時 2012/4/6 19:55
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 .7 .8 .9 .10 .11 .12 .13 .14 .15 .16 |
この話で登場する「佐々木」って名前の武将でピンと来たんですが能の『藤戸』と関係あるかも?(藤戸町って名前だしあらすじがよく似ているし)
能『藤戸』のあらすじ
うららかな春の日。源氏の武将・佐々木盛綱は藤戸の戦の先陣の功により賜った児島に意気揚々と入部し、訴訟のある者は申し出るようにと触れを出します。
すると、さめざめと泣きながら中年の女性が現れ、我が子を海に沈められた恨みを述べます。盛綱はその言葉を制し、訴えを退けようとしますが、せめて弔って欲しいと嘆く母の心を不憫に思い、浦の漁師であった青年を手に掛けた経緯を語るのでした。
-去年の三月二十五日の夜、浦の男を一人呼び出し、この海を馬で渡ることの出来る浅瀬を聞き出すと、その男と二人きり、夜の闇に紛れて下見に向かったこと。このことを誰にも知られまいと男を刺し殺し、亡骸を海に沈めたこと-明白になった真実にますます悲しみをつのらせた母は取り乱して、我が子と同じように殺して欲しいと詰め寄ります。
盛綱は弔いを約束し、母は涙ながらに帰って行きます。弔いのうちに現れたのは、亡者となった浦の男の霊。命を奪われ沈められた有り様を生々しく再現し、恨みの余り、水底の悪龍の水神となったものの、遂には弔いの功徳によって成仏して行きます。

昔ばなしでも佐々木が浅瀬の場所を若者から聞き出した後、若者を殺害してるんですよね・・・。


投票数:27 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

17 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)