Re: 深んぼのすげがさ

深んぼのすげがさ についてのコメント&レビュー投稿
ある村に、他所から若い嫁さんがやって来た。 若い嫁は、まだ野良仕事に不慣れなため、いつも姑に小言を言われていた。それでも嫁さんは一生懸命に働いた。 やがて田植えの季節と...…全文を見る

Re: 深んぼのすげがさ

投稿者:Perenna 投稿日時 2021/10/15 0:56
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話と似たような話で、横浜市に伝わる「おこんどぶ」という話があります。
「ふるさとの民話8・神奈川県の民話」に収録されています。
「横浜の日吉は大むかしには海の底で、あのあたりでは綱島だけがぽっかりうかんでいたんだと。
海がだんだんにしりぞいて、陸になったが、じめじめした沼地でアシがおいしげっていた徳川時代のおわりには、こんなところにも田んぼがひらかれた。
田んぼといっても、ひどいどぶっ田でね。なにしろ三メートルもの青竹をさしてみても、しずんでしまうという底なしだ。
田うえするにも丸太を井げたにくんでしずめ、それにのってしたもんだ。
そんなどぶっ田のひとつに〈おこんどぶ〉とよばれる田があった。その田にだけ、どうしてこんな名まえがついたかというと、それにはかわいそうな話があるんだよ。」という書き出しで始まっています。
「深んぼのすげがさ」のお嫁さんと同じように、おこんという若い女性が田植えをしている最中に足を踏みはずし、どぶっ田の底へと沈んでしまう話です。
江戸時代のころには、このような底なしの湿田や深田で命を落とした方たちが、たくさんいたらしいですね。
似たような農村の哀しい昔話は、全国各地にも人知れず、語り伝えられているのではないでしょうか?
投票数:6 平均点:10.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

46 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)