トップページ >  お話データベース >  関東地方 >  茨城県 >  深んぼのすげがさ
No.0955
ふかんぼのすげがさ
深んぼのすげがさ

放送回:0601-B  放送日:1987年05月30日(昭和62年05月30日)
演出:こはなわためお  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:柏木郷子
茨城県 ) 16064hit
あらすじ

ある村に、他所から若い嫁さんがやって来た。

若い嫁は、まだ野良仕事に不慣れなため、いつも姑に小言を言われていた。それでも嫁さんは一生懸命に働いた。

やがて田植えの季節となった。この時期は何時にも増して忙しく、嫁さんは皆が家に帰っても田んぼで田植えを続け、嫁さんが家に帰るのは日が暮れて空に月が上がってからだった。

田植えは辛かったが、嫁さんを待っていたのは優しい夫で、遅くに戻る嫁さんの為に、そっと風呂を沸かしてくれた。そんな小さな幸せを頼りに、嫁さんは毎日重労働に耐えていた。

さて、忙しい田植えもようやく最後の日となった。田んぼには全部苗が植わり、残すはそれまで苗を育てていた苗代田(なわしろだ)の深んぼだけとなった。

深んぼとは、もともと泥沼だった場所に丸太や竹を縦横に沈めて足場にした田んぼだ。無論、足場を踏み外せば、それっきり浮かび上がって来れない底なし沼だ。

これくらいの田んぼの田植えならすぐに終わるだろうと思い、夫思いの嫁さんは夫を家に帰らせ、一人で深んぼの田植えをしていた。しかし深んぼの足場は悪く、思うように仕事が進まない。田んぼを月が照らす頃になり、ようやく田植えが終わろうとしていた。

ところが、嫁さんが最後の苗に手を伸ばした時だった。嫁さんはよろけて足場を踏み外してしまったのだ。

夫は、嫁さんの帰りがあまりにも遅いので、家を抜け出して深んぼに迎えに行った。すると、煌々と月に照らされて、嫁さんがいつも被っていたまだ新しい菅笠だけが、ぽっかりと深んぼの真ん中に浮かんでいた。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション常田富士男
出典茨城のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細茨城のむかし話(各県のむかし話),茨城民俗学会,日本標準,1975年10月13日,原題「深んぼのすげがさ」,文「中山和市」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価8.2500 8.25 (投票数 12) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 20  件):   <前  1 ..  10  11  12  13  14  15  16  .. 20  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
ゲスト  投稿日時 2015/10/18 18:13
私も若い女性が田んぼに沈んでしまうシーンだけが
記憶に残っていて、探していました。

あらすじを読んで思い出しましたが、
一生懸命に働いて、何もわるいことをしていないのに
死んで終わるというのが、子ども心になんとも
報われなくて、悲しくて、切なくて。

ようやく、見つけて、すっきりしました。
ありがとうございました。
ゲスト  投稿日時 2015/2/3 14:03
この話は子どものころテレビで見て
若い娘が田んぼに沈んでしまうシーンだけ異様に記憶に残り、探していました。田んぼが底なしのようになっていたことが不思議で、恐ろしく感じたものです。大人になってみると、娘の清廉で健気な姿に心をうたれます。
放送年は私は4歳です。私が見たのがそのときならば、何十年たっても記憶から消えない名作だと思います。
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)