Re: 乳の薬師さま

乳の薬師さま についてのコメント&レビュー投稿
昔、尾張の愛知郡のある村に、乳が出なくて困っている「おさよ」とその夫がいた。 おさよの姉夫婦が病気で両方とも死んでしまい、残された赤ん坊をおさよ夫婦が引き取っていたのだ...…全文を見る

Re: 乳の薬師さま

投稿者:Perenna 投稿日時 2020/4/7 23:57
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話と似たような話が「福島の民話・第二集」(未来社、片平幸三編)にも収録されています。
「乳のでる泉」という題で、主人公の女性の名前は「おさよ」という人です。
「大沼郡の会津高田の町に、法用寺という寺があり、そこに子安地蔵とよばれる地蔵さまがあります。そのそばに霊妙乳鉱泉とよばれる泉がわき出ています。乳のでないおかあさんが、ここの水をのむと、不思議によく出るようになるといわれています。」という書き出しで始まっています。
南会津から貧しい百姓の家に嫁にきたおさよさんに、かわいい男の子が生まれます。
しかし、乳の出が悪くなり、赤ん坊は日に日にやせ衰えていきます。
おさよさんは山の上の地蔵様に三七、ニ十一日のお参りをすることになり、毎晩暗い道をはだしでかよい続けました。
満願の二十一日の晩には、さすがに心配と疲労で、地蔵様の前にばったりと倒れて気を失ってしまいました。
すると地蔵様のお告げがあり、「このやぶのかげに白い水のわく泉がある。これを毎日くんで帰ってご飯をたき、これをわかして汁を作り、三十日間ためしてみよ」と言われます。
こうして乳色の泉の水をくんでためしたところ、三十日後には乳が出るようになり、子供も元気に成長しました。」
以下は、法用寺の子安地蔵のホームページです。
http://www.o-minwa.net/siseki_densetu/63_02aidutakada_koan/63_02aidutakada_koan.html

ヒロインの名前も同じ「おさよ」ですし、名古屋の東光寺の薬師様とはどのような関係があるのでしょうかね?
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)