No.0271
はちまんどうのゆめ
八幡堂の夢

放送回:0168-B  放送日:1979年01月13日(昭和54年01月13日)
演出:光延博愛  文芸:沖島勲  美術:半藤克美  作画:前田実
鹿児島県 ) 7802hit
あらすじ

昔、ある村に「そのいち」「そのじ」という二人の勧進さん(乞食)がいた。二人は一碗の飯を分け合って食べるほど仲がよかった。

ある雨の夜、二人は八幡堂に泊まった。夜も更けて、そのいちは寒くて目を覚まし、堂の外に出た。そのままどんどん歩いていくと船着場があって、たくさんの男たちが船出するところだった。そのいちが乗せてもらうと船は島の工事現場に着いた。そのいちは男たち…人足に混じって働くうち、白い石を見つける。石の下には壷があり、中には金がたくさん入っていた。そのいちは大金持ちになった。

一方、そのじも朝になって目を覚ました。そのじはそのいちを追って船着場に行き、人足として働いているうちに大金持ちになった勧進さんの話を聞く。「きっとそのいちさんのことたい」そのじはそのいちを訊ねていく。そのいちと再会を喜び合ったそのじはそのいちの話を聞き、島にとって返して山を掘ってみるとやはり金の入った壷を見つけた。そのじはそのいちの隣に家を建て、二人は毎日陽気に暮らした。

ある日そのじは昔を思い出して外で寝てみようと言いだす。そのいちも賛同して外に一枚の布団を敷いて一緒に寝た。しかし夜更けて寒くなってくると、二人は布団を奪い合い、とうとう破けてしまった。

その瞬間、目が覚めた。起きてみると元のお堂で二人は勧進さんのままだった。そのじは夢に戻りたいと泣くが、そのいちは夢は終わりだと宥める。こうして二人の勧進さんは、いつまでも勧進さんば続けたげな。

(投稿者: hiro 投稿日時 2012-1-14 20:36 )


ナレーション市原悦子
出典村田照(未来社刊)より
出典詳細薩摩・大隅の民話(日本の民話28),村田煕,未来社,1960年08月25日,原題「八幡堂の夢」,採録地「甑島」,甑島昔話集より
場所について里村八幡神社(大聖院横)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:里村八幡神社(大聖院横)
追加情報
このお話の評価8.2000 8.20 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/14 20:53 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 38  件):   <前  1 ..  3  4  5  6  7  8  9  .. 38  次>  
コメント一覧
4件表示 (全4件)
norimoto  投稿日時 2015/6/19 21:57
やっとこのお話に再会できました。題名は思い出せず、ただ、主役の二人が、五木の子守歌を唄いながら去っていく後ろ姿と、切ない気持ちがずっと記憶に残っていました。私は現在42歳。放送が昭和54年とわかり、自分が、小学生ながらに人生の悲哀のようなものを感じとっていたのかと驚きました。このシリーズの奥深さと、毎週の放送を楽しみに過ごせた少年期の幸福を、改めて感じました。
いなほん  投稿日時 2012/12/31 10:17
私の住む地域では1月14日夜はもぐら打ちという行事があって、藁を縛った棒で地面を打ちながら各家を廻ってお金やら餅をもらうという子供のお祭りでした。
このはなしの中に出て来た五木の子守唄の替え歌で おどま勧進勧進? の節回しが妙にウケて肝心のもぐら打ちの節回しの代わりにこの歌をうたいながら家々を廻った記憶が鮮明に浮かび上がります。
araya  投稿日時 2011/12/8 18:09
『薩摩・大隅の民話』(村田照,未来社)に甑島での採録とあり、また八幡堂とのことなので、明治の神仏分離令を考慮にいれて寺院横にある八幡神社から、大聖院横の里村八幡神社をポインティングしました。ちなみに、県の無形民俗文化財「甑島の内侍舞」で有名な八幡さんだそうです。

http://g.co/maps/e6p5q

紹介サイト http://www3.pref.kagoshima.jp/suisui/43-sato/005/
マルコビッチ  投稿日時 2011/10/21 16:38
この話って・・・確か・・・「そのいち」と「そのじ」って呼び合っている
仲のいい乞食さんがある日 八幡堂に一晩の宿を借りる所から話が始まっていた気がします・・・。
「そのいち」さんが朝になって目を覚まして「オラ もっといい暮らしがしてみてぇ」と思いながらお堂の外に出ると 船があって今から出航するところだった。 「そのいち」さんはこの船に乗ればどっか良い所に連れて行ってくれそうだ・・・と思って船に乗った。そして どこかの島に到着した「そのいち」さんはそこで労働者として働くことになって一生懸命働いた。 ある日、いつものように働いていると土の中から壺がでてきて中には小判がざっくざく・・・大金持ちになりました。
「そのじ」さんの時も同じようなパターンで大金持ちになって・・・。
という話でした・・・。
投稿ツリー
4件表示 (全4件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

40 人のユーザが現在オンラインです。 (24 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)