トップページ >  お話データベース >  東北地方 >  おぶさりてい
No.0155
おぶさりてい
おぶさりてい

放送回:0096-A  放送日:1977年08月13日(昭和52年08月13日)
演出:久米工  文芸:境のぶひろ  美術:久米工  作画:久米工
東北地方 ) 14685hit
あらすじ

ある村に、仲良しの百姓夫婦が住んでいた。この亭主はひどく臆病者で、夜中に一人で小便に行くことすらできなかった。

女房は亭主の臆病を治してあげようと、夕顔の花が化け物の正体だよ、と嘘を付いた。これを信じた亭主の臆病は、すっかり治ってしまった。

この年の夏も過ぎたころ、村はずれの野原のあたりに夜な夜な化け物が出るようになった。亭主は、きっと化け物の正体は夕顔の花だろう、と言って、化け物を捕まえに出かけた。

その化け物が「おぶさりてぇ~、おぶさりてぃ~、ばろ~ん」と言うので、亭主はおぶって家へ連れて帰った。怖がる女房を尻目に、亭主は床の間に化け物を下ろし、そのまま疲れて寝てしまった。

翌朝、目を覚ますと床の間には大きな金の山があった。昔、このあたりは金の採掘をしていた所なので、きっと堀り残された金が、誰かに使ってほしくて化け物になって現れたのだろう。

金は役所に届けたが、全部夫婦の物となり、大変な長者になったそうな。

(紅子 2011-7-16 2:30)


ナレーション市原悦子
出典清水真弓(角川書店刊)より
出典詳細妖怪と人間(日本の民話07),清水真弓,角川書店,1973年4年20日,原題「おぶさりてい」,伝承地「東北地方」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第26巻-第127話(発刊日:1978年11月24日)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
このお話の評価6.9167 6.92 (投票数 12) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/7/16 2:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 29  件):   <前  1 ..  14  15  16  17  18  19  20  .. 29  次>  
コメント一覧
4件表示 (全4件)
ゲスト  投稿日時 2014/12/13 19:53
「リメイク・類似のお話をまとめた」に乗ってましたね失礼しました
ゲスト  投稿日時 2014/12/13 19:40
No.0316
あまんぶちおばけと話が似てますね
あっちは新潟の話のようなので近いところの話なのかもしれないですね
beniko  投稿日時 2013/9/17 3:10
類話の「んばろんの話」1180(秋田)でも、似た感じですね。
んばろーん、んばってくんろー、おぶってくんろー、と言っています。
言葉の雰囲気が似ているので、九州の紅子にとっては、寒い地方に通じる共通点を感じていました。(ざっくりしてますが)
カケス  投稿日時 2013/9/16 17:00
このお話で化け物が「ばろ~ん」と、不思議なことを言います。このお話の舞台は東北地方のようですが、実は新潟弁ではおぶさることを「ばれる」と言います。たとえば「私の背中にばれろや」という感じで使います。そして「ばろ~ん」とは新潟弁で「おぶさりたい」という意味です。地元の人が言うと「ばーりょー」という感じに聞こえるのですが・・・。
でも今は新潟でも都市部の方は「ばれる」という言葉はほとんど使いません。田舎の年輩の方がたまに使うかな、という状態です。
この化け物は標準語と新潟弁で「おぶさりたい」と言っているのですね。
(もしかしたら、東北地方でもおぶさることを「ばれる」って言うんでしょうか?)
投稿ツリー
4件表示 (全4件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)