トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  北陸地方 >  富山県 >  しっぽの釣り
No.0011
しっぽのつり
しっぽの釣り
高ヒット
放送回:0006-A  放送日:1975年02月11日(昭和50年02月11日)
演出:光延博愛  文芸:平見修二  美術:半藤克美(スタジオユニ)  作画:山崎久
東北地方 / 富山県 ) 29077hit
狐がカワウソに騙されて、しっぽで釣りをする

山に何日も雪が降り続き、食べ物がなくて、腹の空かせた狐が里に降りてきた。

そこでかわうそに出会い、魚をとる方法を教えて貰う。しかしかわうそは狐を騙そうとして嘘を教えることにした。夜中に湖に行き、厚い氷の張ったところにぽっかり穴があいていたら、そこにしっぽを垂らすと大きな魚がかかると教える。

その嘘をすっかり信じた狐は、かわうそに言われたとおり、ものすごく寒い日の夜、氷にはった湖にあいた穴を見つけ、冷たいのを我慢してしっぽを垂らした。

じっとまっているとだんだん湖の氷が凍ってきて狐のしっぽは厚い氷に挟まれてしまった。しかしそれを大きな魚だと勘違いした狐は力一杯引っ張ると、しっぽはちぎれてしまったそうな。

(稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 5:57 )


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第8巻-第039話(発刊日:1976年9月20日)/童音社BOX絵本_第17巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/二見書房まんが日本昔ばなし第3巻-第10話(発刊日:2005年11月14日)/講談社テレビ名作えほん第012巻(発刊日:1977年10月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「東北地方の昔ばなし」
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(民話研究家 萩坂昇)によると「富山県の昔ばなし」
講談社の300より書籍には地名の明記はない
レコードの解説よりLPレコードの解説によると「東北地方の昔ばなし」
このお話の評価5.3333 5.33 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/14 5:57 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 27  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 27  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
マニアック  投稿日時 2011/10/20 20:29
冒頭のBGMは、初期の頃しか使われていない。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

56 人のユーザが現在オンラインです。 (41 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)