Re: しっぽの釣り

しっぽの釣り についてのコメント&レビュー投稿
山に何日も雪が降り続き、食べ物がなくて、腹の空かせた狐が里に降りてきた。 そこでかわうそに出会い、魚をとる方法を教えて貰う。しかしかわうそは狐を騙そうとして嘘を教えるこ...…全文を見る

Re: しっぽの釣り

投稿者:Perenna 投稿日時 2020/10/27 23:55
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話も、未来社の「日本の民話別巻1 みちのくの民話」に収録されていますね。
「川うそとキツネ」(秋田県)という題名です。
「今から、どのくらい昔のことでしょうか。秋田の脇本というところのお話です。この村は大きい湖の岸にある、漁師の多い村でした。ある冬の朝のことです。」という書き出しで始まっています。
出典は、
「聴耳草紙の著者 佐々木喜善
仙台市東北農山漁村文化協会 宮川弘」
と書かれています。
ただ、キツネがしっぽを引くときに「一駄も二駄もついたべかナ、エンヤラヤのウン」と掛け声をかけているので、「聴耳草紙」というよりは、「炉辺夜話・東北の昔ばなし」が元になっているのではないかと思われます。
投票数:32 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

136 人のユーザが現在オンラインです。 (59 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)