かたみの人形 についてのコメント&レビュー投稿
昔、栃木県烏山(からすやま)にちかい木須川のほとりに住む長者には、一人娘がいました。女房に先立たれた長者は、残された娘を大切に育て、村でも評判の美しい娘になりました。 ...…全文を見る

投稿ツリー
投稿者:ゲスト 投稿日時 2011/10/19 23:11
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 .7 .8 |
こんな山賊とだったら結婚しても良かったかもしれないね。
投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:マルコ 投稿日時 2014/2/22 19:29
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
このお話の登場する山賊たちは大木須の松倉山の近くにある『ばくち穴』という洞窟にすんでいたのだとか。松倉山というのはどんな山なのか調べてみました。

http://www.pref.tochigi.lg.jp/d04/eco/shizenkankyou/hozenntiiki/14matukurayama.html

松倉山(まつくらやま)自然環境保全地域

位置:芳賀郡茂木町大字山内・那須烏山市大木須

面積:15.12ヘクタール

地域の概要
那須烏山市と茂木町に跨る松倉山(345.4m)を中心とし、長久寺観音堂のシラカシ、ウラジロガシ等の社寺林、山頂南側のコナラ、シデ等の落葉広葉樹林、長久寺西側斜面のスギ植林と多様な植生が見ることができます。
山頂付近の岩場にはイワヒバなどの希少なシダ類が複数種生育しています。

との事です。
投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:oiroku 投稿日時 2014/3/12 0:03
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
これ、なんで山賊だけあんなんなんでしょうね。
全然恐くないので、危機感がない。
危機を救った母の愛が際立たない。
ちょっといただけない演出。
投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2018/1/20 14:03
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
山賊の出撃BGMが頭から離れないエイヤー!
投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2018/12/15 2:27
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
山賊のかしらと子分のやり取り・・・
ドリフの カミナリさま のコントを思い出した
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:Perenna 投稿日時 2019/1/11 22:12
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
まんが日本昔ばなしは、こうした紙芝居ふうのアニメや、切り絵を使った美しい彩色のアニメなど、演出を担当している人の個性があふれているので、見ていて楽しいですね!
山賊の登場する「ウホホホ、ウホホホ、エイヤー!」のシーンも、当時テレビで見ていた子供たちは、思わずクスリと笑わずにはいられなかったと思います。(笑)
現代の大人目線で見ると、この描写はいかにも唐突で、いただけない演出に思えるかもしれません。
でも昭和30~50年代ごろの紙芝居ではこのような演出も、ごくふつうであたりまえだったのかもしれないなと思ったりしました。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:頭方Jr. 投稿日時 2020/5/8 21:14
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
馬郡美保子さんの作品にしては珍しくギャグのある回
投票数:0 平均点:0.00
返信する

投稿者:ツシマ 投稿日時 2020/8/22 2:38
 この話、実はかなり史実に基づいた上で代々話が受け継がれて出来上がった物語だと思われます。 
 調べたところザックリですが説明すると山賊が言っていた八幡太郎義家とは源氏の頭領である源義家のことで、その子孫である津島氏が栃木県で村人を焼き殺した話が元となっています。   時代は源平合戦の後、奥州藤原氏が滅びて空いた東北を治めるために当時甲斐にいた南部氏が東北守護に命ぜられ、国替えのために北進していた時に農民一揆が栃木県、現在の小山市で起こっていたのを討伐するように命を受けた当時、家臣だった津島氏が村に火を放ち討伐した事が記録されています、そして助かった少数の村人は北に逃げ那須烏山市に定住し、この時の出来事を忘れぬために教え伝えてきたのだと思われます。
 焼き殺す、大きな炎が印象的なのもこの時起こった焼き討ちが凄まじかったのだと感じます、また水や竜が印象的なのは小山から那須まで逃げる際に鬼怒川という暴れ川を渡らなければならないのですが炎や敵の追ってから逃げるために竜の象徴である川を渡り命が助かったのを比喩と象徴で表現したのだと推察します。
 助かった娘と形見の人形は何を表しているのかというと、戦いで孤児となった子供達が当然いたわけですが親を殺され家も失ってしまったのに助かったのは育ての親がいたわけです、そしてその親が誰なのかと言うと何と親を殺した津島氏だったわけです、実は村人を討伐するように命を出した当時の頭領があまりにも凄惨な光景を見て閉口してしまい、討伐するように命を出した覚えはないと責任を津島氏に押し付けたのが真実だったようです。
 ゆえに津島氏が多くの孤児を養う事になったという事が記録にありますがお互いの気持ちはとても複雑であった事でしょう、そんな中子供達の心の依代は親の形見であったと思われます、しかし人形を持つ余裕はいろんな意味で無かったでしょうから当時着ていた服など親が作ってくれり買ってくれたものが形見にしていたと考えられます。
 しかし、成長するにつれてその形見は着れなくなり、ただ見つめるだけになって行きます、そんな中、女の子はそれを何かに着せてあげたくなります、木や藁で作った人形だったかもしれませんし高い人形を津島さんに買って貰ったのかもしれません、そしてその形見の服を人形に着せて  
 「形見の人形」となるわけです。
 お話の最後では山賊が居なくなったとありますが、もともと青森、岩手への道中の出来事なので戦後処理が出来たら足早に去っていったと思われます、なので村人からしたら焼かれた家の様子をしばらくしてから恐る恐る見に行って見るとあの恐ろしい山賊は居なくなっているわけです。村人からしたらあれは何だったのかと不思議に思った事でしょう。 
 また、結婚を申し込む時に3回もまめにお願いするあたりを見ると実は真逆で、孤児たちが成長して嫁に行ったりする時に親も金も無いのはとても大変な時代だと思われるので養子にしたと思われます。そして由緒ある家柄である八幡太郎義家〜、となれば嫁に行きやすかったと思われます、それこそ長者屋敷に嫁入りも出来たでしょう、嫁入り道具などのお金のかかる部分もあったと思います。
 どうだったでしょうか?調べれば調べるほど深みにハマってしまいました、最後らへんはかなり妄想が入っていますが大体合ってると思います。
 ここまでの長文読んでいただきありがとうございました。良き日本昔話ライフを〜。
 
投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:ゲスト 投稿日時 2020/8/23 6:14
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この話は演出が神がかったギャクですね。
制作陣で何かマンネリを打破しようと
あえてハッチャケてみようとか思ったんでしょうか?

人形の嫁という話もありますが、あちらは悲しい結末だけに
その対比が凄いです・・・
投票数:1 平均点:10.00
返信する

投稿者:Perenna 投稿日時 2020/8/23 22:43
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
「烏山、民話」のキーワードで検索したところ、那須烏山市観光協会のサイトを見つけました。
http://yamaage.3g-kizuna.jp/machinaka/index.php?page_id=211

「かたみの人形」の話は、境地区大木須エリアの「竜になったお人形」という題名で掲載されています。
出典は旧烏山観光協会発行「からすやまの民話」だそうです。
投票数:1 平均点:10.00
返信する

このスレッドに投稿する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

  条件検索へ

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)