雷さまと桑の木 についてのコメント&レビュー投稿
幼くして父親を亡くした男の子が、母親のいいつけで茄子の苗を買ってきて植えると、苗はぐんぐん伸びて雲の上まで届いた。その茄子の木を登って雲の上に行くと、大きな屋敷があった...…全文を見る

投稿ツリー
投稿者:さーこ 投稿日時 2013/4/12 20:55
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 .7 |
面白いけれど、どこか切ない
物語ですよね。
投票数:23 平均点:10.00

投稿者:坊屋良子 投稿日時 2015/9/14 22:15
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
演出の「多井雲」氏とは出崎統氏の別名だとか
投票数:22 平均点:10.00

投稿者:ゲスト 投稿日時 2015/11/1 17:44
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
雷と桑の木
昔々、老夫婦と息子夫婦が野良仕事の最中、空が曇り、雷が鳴った。雷は桑の木に落ち、光とともに男の子が現われた。子供がいない息子夫婦はヒカルと名づけて育てた。十年後、ヒカルが雷様だと知り、薪を燃やして、ヒカルを天に戻してやった。その話を聞いた隣の爺さんが天に昇りヒカルとそっくりの雷様を見たのだが、足を滑らし地上へ落ちた。しかし桑の木に引っかかり助かったため、それ以来、雷の日に桑の木の枝を一、二本切っておくと災難に遭わないといわれている。
http://www.neeminna.jp/story_html/story108.html
投票数:22 平均点:10.00

投稿者:ゲスト 投稿日時 2015/11/1 17:47
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
九州宮崎県の山里の話。「雷さんが桑の木に落ちたときに、桑の木がねばっこいものだから、雷さんの又に引っかかって取れなくなったそうだ。それからは雷さんは、桑の木に落ちなくなったそうだ。」 これが一番面白く、言い伝えとしての信憑性がありそうな気がする。
http://www.geocities.jp/greensv88/jumoku-zz-yamaguwa.htm
投票数:22 平均点:10.00

投稿者:ゲスト 投稿日時 2016/11/11 21:46
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
坊や、あなたのお父さんに会えるのは
何十年後のことです。
投票数:24 平均点:10.00

投稿者:宝島 投稿日時 2019/1/11 15:33
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
雷と桑の木の因果関係よりも、個人的には画風と、市原悦子さん演じる坊やが冒頭で「なんてきれな空だべ…なんて…なんて…」とゆう入りの、夢のような美しさにショックを受け14巻だけ購入しました。天真爛漫な中に、亡くなった父を求めている 坊やの思いが話中でも垣間見え、ラスト、何気ない親子との会話や、ファンタジックな体験をしながらも 念頭には父への思いがあったとゆうナレーションで ふわりと閉じる。日本むかし話、お気に入りの作品は他にもありますが、この作品は特に秀でていると思います。
投票数:24 平均点:10.00

投稿者:Perenna 投稿日時 2020/4/6 23:33
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
「福島の民話・第二集」(片平幸三編、未来社)には、「雷神と桑の木」という題で収録された民話があります。
ただ、このアニメのストーリーとはまったく違う内容になっています。
「伊達郡の山舟生村(現・伊達市梁川町山舟生)に、雷神をまつったほこらがあります。それにまつわるお話です」という書き出しで始まっています。
この地方の農家に、一人の若者が働いていましたが、この若者は七、八才のころに、どこからか流れてきて、この家に雇われて育ちました。
ところが、この若者はどうしたわけか、少しも雷を恐れません。
この若者が十七、八才になったある夏の日に、雇い主に申し出て、「これからわたしは雷になって天に上ります」と宣言します。
枯れ木を積んで火をたいたところ、若者はもうもうたる黒煙に乗って天に上っていきました。
村人たちはそれを見て「やはりあの若者は雷神だった」と納得し、ほこらを作って、若者をまつりました。
それを知った隣りの村に住んでいる権助という若者が「俺も天の世界を見物したい」と言って、枯れ木をたいてその煙に乗ってみたところ、昇天することができました。
権助は雷神になった若者とは友だちだったので、天上の鬼に頼んで面会を求めます。
雷神の手伝いで雲の上で水をまいていたところ、足を踏み外して下界に落ちてしまいます。
権助は、桑畑の桑の木にひっかかって一命をとりとめます。
それを天上から見ていた雷神は「これからは桑の木には、雷をおとさないようにしよう」と鬼たちに言います。
こういうわけで、桑の木には雷が落ちなくなりました。

雷と桑の木の因果話は、定番のストーリーに手を変え品を変えて、全国あちこちに分布していると思われます。
このアニメのストーリーによく似た昔話を見つけたら、また詳細をご紹介したいと思っています。
投票数:25 平均点:10.00

投稿者:Perenna 投稿日時 2020/11/13 23:36
この昔話とまったく同じストーリーの話が、佐々木喜善の著した「江刺郡昔話」のなかにあります。
「天上に昇って雷神の聟(むこ)とならうとした息子の話」という題名です。
「或る所に一人の息子があった。母親に言ひつかって、茄子苗を買ひに往ったところ、苗売りの爺が言ふまゝに、百文にたった一本の苗を買うて来た。」という書き出しで始まっています。
この話の話者については、「江刺郡昔話」のはしがきの中で次のように書かれています。
「此の話の大部分は、ただ一人の話手即ち米里村字人首の、浅倉利蔵と云ふ四十歳ばかりの、炭焼きを渡世として方々の山々ばかりを渉り住まって居る人の口から得た。此の人は決して偽話や作り話はせぬ。実に天才的な誠実な質の人である。」というように、佐々木喜善は話者に対してべた褒めしています。
でも、この昔話はなんとなく「ジャックと豆の木」を連想させませんか?
投票数:25 平均点:10.00

投稿者:ゲスト 投稿日時 2021/1/26 15:18
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
じっさまと二人の娘は雷様の鬼だったとそうです。
投票数:25 平均点:10.00

  条件検索へ

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

35 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)