Re: 二十原の椿

二十原の椿 についてのコメント&レビュー投稿
病の為、二十歳で死んでしまった若い娘(分限者の娘? 権力者の娘だったのは覚えています)が「自分が死んだら(自分が好きだった)椿の根元に埋めて下さい。そこに咲いた花で難病...…全文を見る

Re: 二十原の椿

投稿者:Perenna 投稿日時 2019/2/2 23:18
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
この昔話の舞台となった「二十原堤神社」については、昭和9年に出版された「誇り」(能義郡刊行会)という郷土誌にも掲載されています。(コマ番号64/126)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1035412/64

「富田城主堀尾吉晴公の二女小那姫の霊を祀るところ婦人の守護神として神徳四海に遍し。
此の神社の縁起によれば小那姫久しく病みてその癒へざるをなげき齢二十にして今の社境附近にある溜池に身を投じて歿すとあり而して姫の遺言に曰く『我が塚に誓をかくる者は腰下の病を免れしめん』と云へりと宝暦十年初めて此處に祠を建てゝ姫の霊を祀つたものである、仝社は広瀬町外富田川の上流にあり境内は風光極めてよく四時参拝者の絶ゆることなし。」

もう半月ほど前になりますが、毎年成人の日になると、振袖を着飾った二十歳の若い娘さんを町中で見かけることがあります。
そんな娘さんたちを見て、あでやかで美しいと思う反面、なかには成人前に不幸にして病気や事故で亡くなったり、小那姫のように病気で外に出歩くことも不自由な方もいるのではないかと、ふと思ったりもしました・・・
人の運命や境遇や生き方というものは、人それぞれ異なっているものです。
まして、病気や事故や災害というものは予測など不可能なものです。
成人式で美しい振袖を着ていた若い娘さんたちには、小那姫のぶんまで健康ですこやかに生きていってほしいなと、陰ながら祈りたくなりました。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

68 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)