Re: 安珍清姫の物語を連想

火ともし山 についてのコメント&レビュー投稿
昔、諏訪湖の東の村に「おなみ」という娘がいた。おなみには、夫婦になろうと言い交わした若者がいた。ところが、ある日若者はやんごとなき理由で今住んでいる村から湖の向こう側に...…全文を見る

Re: 安珍清姫の物語を連想

投稿者:愛善院 投稿日時 2016/8/15 15:37
男の不義によって女の悲恋となり、入水して怪異を生じる、とすると、日本の神話であればオトタチバナ姫。西洋では、ギリシャ神話のセイレーンに系譜をもつドイツのローレライ(人魚、水精)でありましょうか。単にローレライというとイソップ童話の「金の斧、銀の斧」に出てくる泉の精も類型ではあります。アンデルセンのいわゆる「人魚姫」も類型ではありますが、泡と消え入ったあとに何が王子の身におこったか、想像するしかありません。
投票数:22 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

51 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)