Re: 嫁田の話

嫁田の話 についてのコメント&レビュー投稿
昔、箱根山のふもとの小さな村に、おばあさんと弥助という若者がいた。この弥助の家に、隣村から働き者で器量良しのシノという嫁さんがやってきた。年をとって働けないおばあさんは...…全文を見る

Re: 嫁田の話

投稿者:ゲスト 投稿日時 2016/1/18 10:57
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
嫁殺し田 (長野県の民話)
 むかしむかし、長寿の村として有名な長野県の松川村に、意地の悪いおばあさんと嫁が暮らしていました。
 おばあさんは嫁が嫌いだったので、何かにつけて文句を言ったり、わざときつい仕事させたりしたのです。
 ある年の田植えの日。
 おばあさんは嫁を呼びつけると、怖い顔でこんな事を言い出しました。
「うちはね、田植えは一日でやってしまうのが決まりだよ。わしは腰の具合が悪いから、おめえが一人で植えろ」
「あの、でも、一人で一日は、とても」
「なんだい! 逆らうのか!」
「・・・・・・」
「いいな、一人で植えるんだぞ!」
「・・・はい」
 嫁さんはなくなく、苗を持って田んぼに出ました。
 田植えを一人が一日で終わらすなんて、とても無理な話です。
 それでもやらなかったら、嫁さんはおばあさんにどんな仕打ちをされるかわかりません。
 嫁さんは、それこそ死にものぐるいで苗を植え続けました。
 やがてお天道さまも西に傾いて、気がつくと夕暮れでした。
 それでも嫁さんは、必死で苗を植えました。
 手も足もしびれて思うように動きませんが、歯をくいしばって頑張りました。
 そうしてとうとう、あともう少しというところまできたのです。
(もう少しだわ)
 その時、嫁さんはつい、股ぐらの間からお天道さまを拝んでしまったのです。
 するとそのとたん、嫁さんはバッタリ倒れてしまいました。
 股の間からお天道さまを拝んだため、バチが当たってしまったのです。
 かわいそうに嫁さんは、そのまま死んでしまいました。
 その後、その田んぼは『嫁殺し田』と呼ばれるようになりました。
 今も松川村のはずれには、その嫁殺し田が残っているそうです。
おしまい
http://hukumusume.com/douwa/new/2014/07/14.htm
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

45 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)