Re: 嫁田の話

嫁田の話 についてのコメント&レビュー投稿
昔、箱根山のふもとの小さな村に、おばあさんと弥助という若者がいた。この弥助の家に、隣村から働き者で器量良しのシノという嫁さんがやってきた。年をとって働けないおばあさんは...…全文を見る

Re: 嫁田の話

投稿者:moco 投稿日時 2015/11/11 2:29
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
一見良い話のようだけど、つまり昔の農家にとっての「良い嫁」とはこういうものだ、という事か。
何を言われても口答え一つせず「はい、はい」と答え、朝から晩まで身を粉にして働く。姑は感謝するどころか、それが当たり前、むしろ働きが悪いとでもいうような言いぐさ。使うだけこき使って死んでも恨み言一つ言わない嫁。
嫁が自らお天道様と命を引き換えにして死んだという結末が、奴隷の様に酷使し過労で死なせたことへの(姑側の)言い訳というか話のすり替えのように思えて、何となく後味が悪い。
投票数:12 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)