Re: 三人小僧

三人小僧 についてのコメント&レビュー投稿
昔ある山寺に、たいへん蕎麦好きな和尚さんと三人の小僧さんがいました。 このお寺の小僧さんは、普段のおつとめ仕事の合間にソバ畑でも忙しく働いていました。ここの和尚さんはで...…全文を見る

Re: 三人小僧

投稿者:ゲスト 投稿日時 2015/8/27 14:26
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
和尚と小僧(おしょうとこぞう)は、日本の民話の類型のひとつである。
「和尚と小僧」の民話の分布は全国的で、一説に子供の多くが寺などで勉強するようになった中世頃に起こり、江戸時代にはやったという。古くは、鎌倉時代中期の弘安6年(1283年)に成立した無住による『沙石集』や、同じく無住による『雑談集』にこの類型の説話が見られる。また、江戸時代初期の元和9年(1623年)又は寛永5年(1628年)に成立した『醒睡笑』にもこの類型の説話が収録されている。
稲田浩二の研究によれば、「和尚と小僧」譚には28の類型が存在するとされる。その骨子は、頓智頓才のきく稚僧が俗気の抜けないけちな和尚を侮りからかい、閉口させることである。弱小な者の頓智が大人を操るのは痛快で、童話として喜ばれた。雪隠餅(落語では「みそ豆」として知られる)、毒物など、一休咄などの物語とも一部、錯綜する。
中でも食物に関するものが多く、これは寺院生活が食物に不自由したからであるという。たとえば、山寺にぼた餅あるいは鮓の好きな和尚がいて、檀家から贈ってきたものを食べて残りを隠したが、小僧がこれを盗んで食べ、金仏の口に餡あるいは飯粒を付けておいたが、帰ってきた和尚が疑わしい金仏を打ち叩くと「くわんくわん」となり、次に小僧が水攻めの拷問にかけると「くったくった」と白状したという。
あるいは、小僧に用事を言いつけてそのすきに焼き餅、団子、ご馳走などを食べようとするが、小僧はこれを見破って機会をもうけて食べる。
あるいは、砂糖、飴、甘酒、梨などを毒物と聞いたのをいいことにこれを食べ、和尚秘蔵の花瓶などを割り、死んで詫びるために毒物を食べたと弁解する。同様の民話は朝鮮にも伝わっており、そこでは、毒物は串カキ(柿)、器物は硯となっている。
また、落ちていた財布を拾おうとして叱られたので、馬上から頭巾が落ちたのを拾わず、再び叱られて、つぎはウマのひりだした大便を拾うなどの滑稽を演じる。
ほかに、言葉の洒落、色欲の暴露などの話も多い。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E5%B0%9A%E3%81%A8%E5%B0%8F%E5%83%A7
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

33 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)