Re: 三人小僧 類似話 3

三人小僧 についてのコメント&レビュー投稿
昔ある山寺に、たいへん蕎麦好きな和尚さんと三人の小僧さんがいました。 このお寺の小僧さんは、普段のおつとめ仕事の合間にソバ畑でも忙しく働いていました。ここの和尚さんはで...…全文を見る

Re: 三人小僧 類似話 3

投稿者:ゲスト 投稿日時 2015/8/27 14:22
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
むかしむかし
あるお寺に和尚と三人の小僧がいました。
和尚は餅が大好きででしたが、大変なけちんぼで小僧に餅をやったことがありません。
いつも、小僧を早めに寝かせてから、ひとりでっくりと、火鉢の灰で餅を焼いて食べるのです。
さて、小僧たちは和尚が夜中に餅を食べていることを知っていました。しかし、呼ばれてもいないのに起きていけばしかられるに決まっています。
どうすれば、餅にありつけるか。
みんなで知恵を出し合い、そして一番年上の小僧が、うまいことを考えました。

翌日、小僧たちは和尚にお願いしました。
「どうか、きょうから名を変えてください。私は『パタパタ』と」
「私は『フーフフー』と」
「私は『ウマイウマイ』と変えていただきたいのです」
「変な名前だな。だが、おまえたちがいいならそうすればいい」
と和尚は名前を変えるのを認めてやりました。

さて、その夜。
いつものように小僧たちを寝かせ、和尚は餅を焼き始めました。
焼きあがったころ、まずパタパタと餅についた灰を払い落としました。
すると
「は~い!」
とパタパタが起きてきました。
「どうした? こんな夜中に」
「いま、パタパタとお呼びになられました。だから、起きてきたのです」
和尚はやられた、と思いましたがこうなってはしかたありません。餅をわけてやることにしました。
和尚は、焼きあがった餅をフーフーと吹きました。すると、
「は~い!」
とフーフーが起きてきました。和尚はこれにも餅をやりました。
和尚は餅を食べ
「ウマイウマイ」と言いました。
すると……。
こうして、和尚は餅をほとんど小僧たちにくわれてしまった、ということです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://blogs.yahoo.co.jp/therinmeis1979/17067332.html
和尚と小僧 その三 小僧名を変える
餅ではなく、そばや甘酒の場合もあります。
いずれにしろ、こんな変な名前に変えてでも食べ物に執着するほど当時は貧しかったんですね。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)