Re: 三人小僧 類似話 2

三人小僧 についてのコメント&レビュー投稿
昔ある山寺に、たいへん蕎麦好きな和尚さんと三人の小僧さんがいました。 このお寺の小僧さんは、普段のおつとめ仕事の合間にソバ畑でも忙しく働いていました。ここの和尚さんはで...…全文を見る

Re: 三人小僧 類似話 2

投稿者:ゲスト 投稿日時 2015/8/27 14:07
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
和尚さまと焼き餅
 むかし昔山寺に和尚様があった。その和尚様は大へんにお焼きの好きな和尚様だった。
 毎日毎日お小僧にかくして一人きりでお焼きを食べとるもんで、お小僧はいまいましい和尚さまだと思って居った。
 和尚様はお小僧が居っちゃあ気楽にお焼きが食べれんもんで、或る日、「小僧小僧 今日は何処其処どこそこに、建築たてまいがあるで行って見て来い」と云いつけた。
 お小僧は、「和尚様は俺がが居ると邪魔だもんで、建築たてまいを見に行って来いなんて云うんだ。よしよし今日はひとつ和尚様を困らしてやりましょう」と、お小僧は建築たてまいを見に行くようなふりをしてお寺を出た。
 和尚様はお小僧が居らんようになったので、大きなお焼きをも幾つも拵えてそれを囲炉裡ばたへ並べて焼いて居った。
 お小僧はもういい時分だと思って、
「ハイ和尚様、行ってまいりました」と云って帰って来た。
 まだなかなか帰らんと思って居った和尚様はびっくりして、あわててお焼きを灰の中へ埋けて知らん顔をして居った。
「小僧か、大へんに早かったな、して建築たてまいの様子はどうだった」と聞くと、
「ハイ和尚様、なかなか大きな家で、先まづここに斯う柱が一本」と云いながら、お小僧は火箸を持ってお焼きの埋けてある上へ、柱を建てる真似をしてずぼっとくすぐ、そして火箸を上げると其の先きへ和尚様のお焼きがくすがって来る。
「おっと此れは御馳走さま さて其の柱の横には床の間があって、 其の柱が又立派な柱で」と又火箸をお焼きの上へくすぐ、
 そうして和尚様が食べずと思って居ったお焼きを、とうとうお小僧がみんなほじくりだして食べてしまった。
http://www.mis.janis.or.jp/~takao424/inanomuakasibanasi/osyousamatoyakimoti.htm
伊那谷のむかしばなし この作品は、昭和9年発行「伊那民俗研究會」の著作です。
投票数:0 平均点:0.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)