No.0096
ねずみきょう
ねずみ経

放送回:0059-A  放送日:1976年11月20日(昭和51年11月20日)
演出:高橋良輔  文芸:沖島勲  美術:本田幸雄  作画:岩崎治彦
鳥取県 ) 18786hit
あらすじ

昔、ある小さな田舎の村に一人のお婆さんが住んでいた。このお婆さん、つい最近お爺さんを亡くしたばかりで、もう寂しくて寂しくて、一日中、仏様ばかり拝んでいた。

そんなある日、このお婆さんの家に一人の旅の坊さんがやってきて、一晩泊めてほしいと頼んできた。お婆さんは、お坊さんならお爺さんに有難いお経をあげてくれると思い、たいそうなもてなしをした。坊さんにご馳走を食べさせ終わると、さっそくお経をあげてほしいとお願いをした。それを聞いた坊さんは困ってしまった。実はこの坊さん、いい加減な坊さんでお経なんかろくに知らなかった。

しかしそうとも言えないので、仕方なく仏壇の前に座った。すると、ねずみが一匹、ちょろちょろと顔を出しているのが見えた。お婆さんはお経が始まるのを待っている。坊さんは覚悟を決め、声を出し始めた。「おんちょろちょろ、でてこられそうろう」するとお婆さんは、有難そうに手をすり始めた。調子に乗った坊さんは、ねずみの様子をそのままお経のように唱え続けた。
「おんちょろちょろ、あなのぞきそうろう。おんちょろちょろ、なにやらささやきもうされそうろう。おんちょろちょろ、でていかれそうろう・・・。」こうして坊さんは一晩中このお経をあげ続け、翌朝、逃げるようにして帰って行った。

それからというもの、お婆さんは毎日このお経をあげ続けた。ある晩のこと、このお婆さんの家に泥棒が忍びこんだ。泥棒が家の中をうろうろしていると、お婆さんの声がした。「おんちょろちょろ、でてこられそうろう」驚いた泥棒は、障子の穴からのぞいてみると、「おんちょろちょろ、あなのぞきそうろう」「なんじゃ、おらのいること知ってるでねえか」「おんちょろちょろ、なにやらささやきもうされそうろう」何から何までお見通し、これはきっと山姥かなにかの家だと、泥棒が震えあがって逃げようとすると、「おんちょろちょろ、でていかれそうろう」泥棒は肝をつぶして逃げて行った。

それからもこのお婆さんは、いつも、このお経を唱え続けたそうだ。「おんちょろちょろ、でてこられそうろう・・・」

(投稿者: 十畳 投稿日時 2011-8-4 7:08 )


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第4集(DVD第17巻)
VHS情報VHS-BOX第4集(VHS第34巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第16巻-第077話(発刊日:1977年6月15日)/講談社テレビ名作えほん第027巻(発刊日:1978年5月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「鳥取県の昔ばなし」
講談社の300より書籍には地名の明記はない
このお話の評価7.0000 7.00 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/8/5 1:12 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 19  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  8  .. 19  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

64 人のユーザが現在オンラインです。 (53 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)