ねずみ経 についてのコメント&レビュー投稿
昔、ある小さな田舎の村に一人のお婆さんが住んでいた。このお婆さん、つい最近お爺さんを亡くしたばかりで、もう寂しくて寂しくて、一日中、仏様ばかり拝んでいた。 そんなある日...…全文を見る

投稿ツリー

スレッド

投稿者:Perenna 投稿日時 2018/12/4 21:15
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
このお話は絵本では「鳥取県の昔ばなし」とありますが、「肥後民話集」によれば「おんちよろちよろで泥棒を走らせた話」という熊本県の民話です。(コマ番号67/141)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1450606/67?tocOpened=1

旅の坊さんは実は、松尾芭蕉のような僧侶の身なりをした諸国放浪中の俳諧師だったそうです。
俳諧師なので当然のことながら、俳句は読んでもお経は知るはずがありません。
お婆さんに教えてあげた即興のお経は「おんちよろちよろとでーらいた といふたらひつこーだ おのれまてまてのがさうか」と書かれています。
これはお経というよりは真言ではないでしょうか?
薬師如来の真言「おんころころ せんだり まとうぎ そわか」をなんとなく連想させますね。
投票数:26 平均点:10.00

  条件検索へ

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)