トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  北陸地方 >  新潟県 >  かがしの神さん
No.0756
かがしのかみさん
かがしの神さん

放送回:0476-A  放送日:1984年12月29日(昭和59年12月29日)
演出:こはなわためお  文芸:沖島勲  美術:阿部幸次  作画:塚田洋子
新潟県 ) 6921hit
あらすじ

ある年、稲の実りもよく秋は豊作と思われたが、雀たちがついばんでお米を食べてしまうのでした。スズメを追い払っても追い払ってもきりがない。そこで九兵衛(きゅうべえ)が本家に相談に行くと、かがし様(カカシ)を作ってはどうかという話になった。

早速、九兵衛は夜なべしてかがし様を三体お作りして、田んぼの三ヵ所に立てた。「正月にはご馳走しますので、田の米を守ってください」とお願いすると、かがし様は歌を唄いながらスズメを追うてくれた。その甲斐あって、その年は上作となった。

やがて年の瀬となり、かかに言ってかがし様への御礼の膳を、床の間に三つ用意させるた。すると、器量の良い可愛い娘が高窓から顔を出し、三人が床の間の膳に座った。美しいかがし様をみたかかは、九兵衛の隠し女(愛人)と勘違いして怒り出し、激しい夫婦喧嘩が始まった。

この夫婦喧嘩を見た三人の娘たちは、慌ててと高窓から一人二人と逃げて行った。これに九兵衛がハッと気付いて、三人目を取り押さえて、外に出さないようにした。

夜も明けて元旦の朝となり、本家の爺さんが九兵衛に家に寄ると、稗俵(ひえだわら)一俵をしっかりと抱いた九兵衛の姿があった。これはどうしたことだと尋ねると、これこれこうだと九兵衛は語って聞かせた。

本家の爺さんは「せっかく福の神が来たというのに、かかが心得違いをしたばかりに、金三俵になるところが稗俵一俵になっただな」と言いました。このことがあってから、九兵衛は毎年の年の瀬には、かがし様の数だけお膳を用意して、お礼をしたそうです。

(投稿者: araya  投稿日時 2011-12-10 9:01)


ナレーション市原悦子
出典クレジット不明
出典詳細土着の信仰(日本の民話06),瀬川拓男,角川書店,1973年9年25日,原題「かがしの神さん」,伝承地「中部地方」
備考越後の民話(水澤謙一,未来社)では、新潟県東頚城郡松之山村湯元で採録とのこと。
場所について新潟県十日町市松之山湯本(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:新潟県十日町市松之山湯本(地図は適当)
追加情報
このお話の評価6.0000 6.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/10 10:51 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 78  件):   <前  1 ..  31  32  33  34  35  36  37  .. 78  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
araya  投稿日時 2011/12/10 9:01 | 最終変更
年の瀬も間近の放送の内容としてはタイムリーな内容と思いますが、細部では違いがあるでしょうから、そこは訂正をいただければと思います(^Д^)。
ちなみに、新潟県東頚城郡松之山村湯元で採録された話とのこと。現在の新潟県十日町市松之山湯本になります。

http://g.co/maps/arwtu
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)