Re: かがしの神さん

かがしの神さん についてのコメント&レビュー投稿
ある年、稲の実りもよく秋は豊作と思われたが、雀たちがついばんでお米を食べてしまうのでした。スズメを追い払っても追い払ってもきりがない。そこで九兵衛(きゅうべえ)が本家に...…全文を見る

Re: かがしの神さん

投稿者:Perenna 投稿日時 2019/7/5 20:03
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
未来社の「越後の民話」では、かがしの歌は次のように書かれていました。
「粟鳥も立て、
米鳥も立て、
ンな立て、ホーイヤ」

粟や米にたかる雀に「飛び立て」と言っているらしいですね。
「ンな」は「みんな」と書かれています。
「ホーイヤ」は「ほら」とか「ほうれ」とけしかけている声だと思います。

歌の全体的な意味は、
「粟を食べる鳥は飛びたて、
米を食べる鳥は飛びたて、
みんな飛び立て、ほら、ほら」
なのではないかと思われます。
投票数:27 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)