No.0641
かみあげのゆうだち
神上の夕立

放送回:0402-A  放送日:1983年07月23日(昭和58年07月23日)
演出:若林常夫  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:若林常夫
熊本県 ) 13739hit
熊本人吉の神上地区に夕立が降るようになった訳

昔、九州の人吉の神上という所に、上のババと下のババという婆さんが暮らしていました。上のババはネガティブ思考、下のババはポジティブ思考。二人はまるっきり正反対の性格をしていましたが、気が合うので仲良く暮らしていました。

二人とも貧しかったので、朝から晩まで働かなくてはいけませんでした。この神上は、周囲を山に囲まれていて真夏の日差しは大変なもので、二人の婆はいつも「畑のために、毎日の夕立が欲しい」と思っていました。

ある日の事、珍しく村の上に夕立雲がやってきたかと思うと、雲から一人の雷様が落っこちてきました。二人の婆さんが物かげに隠れて様子を見ていると、雷様は空に戻るためのたより木(足場にする高い木)を探している様子でした。

そこで下の婆は、昨日二人でかけたばかりの長ーい丸木橋を指さして「たより木ならここにありますぜ」と声をかけました。雷様は、橋だった長い丸木を地面に突き刺してたより木とし、大喜びで空へ戻っていきました。

それ以来、人吉の夕立は、まず先に神上から降るようになりました。

(紅子 2012-3-29 19:08)


ナレーション市原悦子
出典熊本県
DVD情報DVD-BOX第12集(DVD第60巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
講談社の300より書籍によると「熊本県のお話」
このお話の評価8.5000 8.50 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/3/29 19:08 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 41  件):   <前  1 ..  18  19  20  21  22  23  24  .. 41  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
Perenna  投稿日時 2020/10/16 1:19
この昔話の出典は、昭和16年に出版された「球磨郡誌」という本だと思います。
口碑伝説として「神上の夕立」が掲載されています。(コマ番号429/893)
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1042262

「昔々、或る夏の夕方広い広い野原の真中に雷鳴様がおっこちなさったさうです。見渡す限りの茅野原には雷鳴様が雲の上にお帰りになるための頼り木になるやうな木が一本も見当りませんでした。そこに一人の年とったお婆さんが長い棒を持って来て「早うお上り下はんもし」と言ったところが、雷鳴様は大そうよろこんでお婆さんに「お前や何が一番好きや」とおたずねになりました。するとお婆さんは「わしゃ銭よりも何よか夕立が一番すきでござんす」と言ひましたので、夏に夕立が来る時はいつも神上村から一番に降って来るといふことです。」

「神上」(かみあげ)という地名は、たしかに人吉市にはありません。
ただ、江戸時代の人吉藩の藩領のなかに「上揚村」(かみあげむら)という村はありました。
上揚村は明治5年に熊本県球磨郡から宮崎県児湯郡に移管され、現在では西都市上揚という地名になっています。
口碑伝説(昔話)の「神上村」は、おそらく「上揚村」のことではないでしょうか?
天の神様である雷鳴様を空に上げてやったので、同じ発音の「上揚」を「神上」と書き換えただけなのかもしれません。
ゲスト  投稿日時 2020/10/14 1:41
人吉市はよく行きますが、神上と言う場所は何処なのかわかりません
地元の人に聞いたけどわかりませんでした
もんた  投稿日時 2020/10/13 19:10
雨乞いの割には水道代は安いです。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

38 人のユーザが現在オンラインです。 (27 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)