No.1349
みっそうぼう
密僧坊

放送回:0856-A  放送日:1992年08月15日(平成04年08月15日)
演出:フクハラ・ヒロカズ  文芸:沖島勲  美術:田中静恵  作画:フクハラ・ヒロカズ
滋賀県 ) 17936hit
味噌が大好きなお坊さんと、それを利用する村人たちの話

昔、近江のある山寺に、密僧坊(みっそうぼう)という若いお坊さんが厳しい修行をしていた。この密僧坊は、どういうわけか味噌が大好きで、修行をこっそり抜け出しては村人から味噌をもらっていた。

力持ちの密僧坊は、味噌の代わりに村での力仕事を一手に引き受けていたが、ある時からお金も要求するようになった。村人たちが拒むと暴力を振るうようになり、村人たちは怖がって密僧坊を避けるようになった。ある時、密僧坊が水を飲もうと滝壺に行くと、足を滑らせそのまま溺れ死んでしまった。それを知った村人たちは、やっかい者がいなくなったと、喜んだ。

何日かすると、その滝壺に恐ろしい大蛇が出て、ある村人が食われてしまった。それを聞いた山寺の和尚さんは、「味噌をおとりに密僧坊を利用した村人たちも悪い」と諭した。村人たちは密僧坊にしてきたことを反省し、滝壺でお経をあげてもらい成仏するよう拝んだ。

そのうち滝壺からは大蛇も出なくなり、密僧坊の命日には味噌をお供えするようになった。そうして日照りが続いた時には、味噌を供えてお祈りすると雨が降るようになった。

(紅子 2011-11-20 0:12)


参考URL(1)
http://www.kongourinji.org/
ナレーション市原悦子
出典近江の伝説(角川書店刊)より
出典詳細近江の伝説(日本の伝説19),中川正文,角川書店,1977年6年10日,原題「密僧坊」金剛輪寺ものがたり
場所について大蛇の淵(金剛輪寺近く)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:大蛇の淵(金剛輪寺近く)
追加情報
このお話の評価6.7500 6.75 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/20 0:12 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 16  件):   <前  1 ..  10  11  12  13  14  15  16  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
araya  投稿日時 2011/11/26 22:13
原作の『近江の伝説』(角川書店)に詳細な伝説と名所案内があり、「密僧坊」の話も「豆の木だいこ」の舞台となった金剛輪寺の僧として紹介されていました。そして、金剛輪寺の北を流れる犬上川に「大蛇の淵」と呼ばれるところがあり、密僧坊の話の後段で大瀧神社とともにここが紹介されてましたので、ひとまず、密僧坊が人を襲ったかもしれない橋の上にポインティングしてます。ただ、個人的には、下記の「大瀧神社」の紹介サイトで「大蛇の淵」と紹介している神社の裏がイイかもと言う気はします。

http://g.co/maps/c4524

グーグルマップでは地名が出ませんので、国土地理院の地図も書きに記しておきます。が、妙に「大蛇の淵」の表記は位置がズレているような…。

http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?longitude=136.29905555648&latitude=35.189841025036

ちなみに、大瀧神社はこんな感じの所です。水の神様ですが、味噌は供えなさそうですわ(^_^)。それと研究所で書いた犬の話にまつわる犬胴塚の画像もありますので参考までに…。

http://blog.goo.ne.jp/kue-biko/e/0ca52a035e5f8fa96236933536d39295
araya  投稿日時 2011/11/20 1:37
密僧坊で気になる点が一つ。妖怪に次のようなものがあります。

・飛縁魔(ひのえんま):放火をして回る女の妖怪
・夜道怪(やどうかい):みすぼらしい僧形の妖怪
・以津真天(いつまでん):行き倒れの化けたもの

謎解きをすると、飛縁魔は「丙午(ひのえうま)」、夜道怪は「宿を借せ」、以津真天は「いつまで?」。それぞれが直接の表現を避けて、ケレン味のある名前になったものですが、密僧坊もこれらと同じようなもので「味噌坊主」のことではないですかね。だからというわけでもないですが、創作昔話のような気がしないでもないかなってところです。

ちなみに、下記のサイトを見て、坊主や大蛇に関わる滝をあたってみる手もありますが、まずは原作からでしょうかね(^_^)。

http://www.sunrise-pub.co.jp/isbn978-4-88325-165-0/
http://www.ne.jp/asahi/otoma/home/waterf/database/25pr.html
beniko  投稿日時 2011/11/20 0:15
お話を見る限り、滝壺にお味噌を供える風習(習慣?)のある地域が、滋賀県のどこかに残っているのではないかと思いました。誰か、この味噌好き坊主の情報をお持ちの方がいらっしゃったら、是非教えてください。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

66 人のユーザが現在オンラインです。 (59 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)