Re: 密僧坊に所縁のある場所

密僧坊 についてのコメント&レビュー投稿
昔、近江のある山寺に、密僧坊(みっそうぼう)という若いお坊さんが厳しい修行をしていた。この密僧坊は、どういうわけか味噌が大好きで、修行をこっそり抜け出しては村人から味噌...…全文を見る

Re: 密僧坊に所縁のある場所

投稿者:araya 投稿日時 2011/11/20 1:37
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
密僧坊で気になる点が一つ。妖怪に次のようなものがあります。

・飛縁魔(ひのえんま):放火をして回る女の妖怪
・夜道怪(やどうかい):みすぼらしい僧形の妖怪
・以津真天(いつまでん):行き倒れの化けたもの

謎解きをすると、飛縁魔は「丙午(ひのえうま)」、夜道怪は「宿を借せ」、以津真天は「いつまで?」。それぞれが直接の表現を避けて、ケレン味のある名前になったものですが、密僧坊もこれらと同じようなもので「味噌坊主」のことではないですかね。だからというわけでもないですが、創作昔話のような気がしないでもないかなってところです。

ちなみに、下記のサイトを見て、坊主や大蛇に関わる滝をあたってみる手もありますが、まずは原作からでしょうかね(^_^)。

http://www.sunrise-pub.co.jp/isbn978-4-88325-165-0/
http://www.ne.jp/asahi/otoma/home/waterf/database/25pr.html
投票数:23 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)