トップページ >  お話データベース >  東北地方 >  宮城県 >  ヒバリのぞうり
No.1273
ひばりのぞうり
ヒバリのぞうり

放送回:0805-A  放送日:1991年07月20日(平成03年07月20日)
演出:江口摩吏介  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:江口摩吏介
宮城県 ) 7343hit
あらすじ

昔、ひばりとウズラとヨシキリ(カラゲージ)は仲良く助け合って暮らしていました。

ある日の事、ひばりは赤い鼻緒の草履を買ったので、嬉しくて二人に見せびらかしました。しかし見せるだけで、触らせてあげようとはしませんでした。

ある時、ウズラが町へ出かけることになりました。飛べないウズラは、どうしても赤い鼻緒の草履をはいて出かけたくって、無理を言ってひばりに貸してもらいました。

ウズラは大喜びで草履を履いて歩いていましたが、その途中で片方の草履をうっかり川に流してしまいました。

ウズラはひたすらひばりに謝りましたが、ひばりは許してくれません。ひばりはウズラとヨシキリを殴りつけ、草履が見つかるまで絶対に許さないとまくしたてました。

二人は、何日も何日も探しましたが見つからないので、こっそりと家を出て行きました。飛べないウズラは草むらの中で隠れて暮らし、ヨシキリはヨシの中で暮らすことにしました。

今でも、ひばりは草履を見つけてこない2人を探して空を飛び回り、ヨシキリはヨシの中で大声で「草履の片方くらい、何なんじゃ」と、叫んでいるそうです。

(紅子 2014-1-31 23:26)


ナレーション常田富士男
出典宮城県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価8.6667 8.67 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/2/1 0:02 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 30  件):   <前  1 ..  18  19  20  21  22  23  24  .. 30  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
ゲスト  投稿日時 2017/3/26 12:42
ヒバリもやりすぎだが、カラゲージも片方くらいなんなんじゃは流石に言い過ぎ。
ウズラも赤い鼻緒の他の物で弁償して、どうぞ
それでも許さなきゃヒバリは救いようなし。
ところでこのカラゲージ、自分が同じことされたらすごい怒りそう(偏見)
おとぎひめ  投稿日時 2017/2/10 21:37
カラゲージの言う通りですよ、ヒバリ、思いやりなさすぎ、うずら、かわいそう
ゲスト  投稿日時 2015/11/2 15:06
面白かったです。鳥さんたち可愛いです。
物の貸し借りは、あげるつもりで貸さないと駄目ですね。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

55 人のユーザが現在オンラインです。 (34 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)