No.1123
ぜんじがっぱ
禅師河童

放送回:0708-B  放送日:1989年07月22日(平成01年07月22日)
演出:又野龍也  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:又野龍也
山口県 ) 9300hit
あらすじ

昔、日照りが続いて、秋芳洞(しゅうほうどう)のあたりが大干ばつに見舞われたことがありました。まったく雨が降らないので、田んぼも畑も川までも干上がってしまい、土地の人は困り果て、どうすることも出来ないのでした。

でも、困っていたのは人間だけではありません。秋芳洞の龍ヶ淵に住んでいた河童も、水が減って魚が取れないで苦しい思いをしていました。そして、空腹に耐えかねて自住寺(じじゅうじ)の放生池(ほうじょういけ)の鯉を一匹盗んで食べてしまいました。

一方、自住寺の寿円禅師(じえんぜんじ)が秋芳洞に籠もって雨乞の祈りを始めたのを知った河童は、鯉を盗んだ自分を呪い殺すつもりだと勘違いし、禅師の邪魔をしました。しかし一向に気に留めることなく祈りを続ける禅師の姿に心を打たれた河童は、仏弟子となり祈りの手伝いを始めました。

満願の日の朝、禅師の祈りが天に通じて大雨が降りました。祈りを終えた禅師は龍ヶ淵の一枚岩の上に立っていました。気がついた河童が止めようとしましたが、禅師は仏様に自分の命をささげようと、龍ヶ淵から身を投げてしまいました。

禅師をを助けようと河童も淵へ飛び込みましたが、大雨でゴウゴウと渦を巻く川の激流の中で思うように泳げません。岩にぶつかって頭の皿が割れるほど泳いだけれど、とうとう禅師を助けることが出来ずに河童は息絶えてしまいました。

このことを知った土地の人々は流れ着いた禅師と河童の死体を手厚く葬り、そしてこの河童のことをいつしか禅師河童と呼ぶようになったと言います。

(投稿者: マルコ 投稿日時 2012-5-12 19:52 )


ナレーション常田富士男
出典松岡利夫(未来社刊)より
出典詳細周防・長門の民話 第一集(日本の民話29),松岡利夫,未来社,1960年09月14日,原題「禅師河童」,採録地「美弥郡」,話者「山田章、城巖、藤堂隆治」 秋芳洞
場所について自住寺(じじゅうじ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:自住寺(じじゅうじ)
追加情報
このお話の評価9.3333 9.33 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/5/13 17:26 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 52  件):   <前  1 ..  43  44  45  46  47  48  49  .. 52  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
マルコ  投稿日時 2014/2/24 11:19
流される禅師を助けようと河童もその流れに飛び込むのですが、なんてことでしょうか。流されちゃうんですよ。河童なのに。

河童の川流れだって指差して笑ってちゃいけません!!

鯉一匹じゃ、力が出なかったんでしょうか・・・。禅師は遺体が発見されましたが、河童は生きているものやら、死んだものやら・・・今となってはわからない。そんな悲しい話です。

http://kappauv.com/sub3/sub30117.html

禅師河童                     山口県美弥郡

 数百年ものむかし、秋芳洞が滝洞とよばれていたころのことです。
 ある年の夏に、ひどい日照りが続き、田んぼや畑は枯れ、滝洞から流れ出す川の龍ガ淵もほとんど水がなくなり、魚もすっかり死んでしまいました。淵に年古くすんでいた河童は、とうとう耐えられなくなり、近くの自住禅寺の放生池から鯉を盗んでたべてしまいました。ちょうどそのころ、禅寺の寿円禅師が、雨乞いのため滝洞にこもり、命を捨てる覚悟で、二十一日のお祈りをはじめなされました。これを見た河童は、「鯉をたべたわしを、のろうつもりだな」じゃまをしていたのですが。やがて、禅師さまのけだかいお姿に心をうたれ、お祈りのお手伝いをするようになりました。
 やがて満願の日、お祈りは天にとどき、雷ははためいて大雨となりました。禅師さまは、よろこびを仏にのべられ、よろめく足で、滝洞からでられたのですが、龍ガ淵の一枚岩の上から淵に身をなげられたのです。仏のみもとに、いのちをなげだされたのでした。
 これを見た河童は、淵にとびこみました。そして、禅師のからだをだき、大雨に流されないようにと、ひっしに岩につかまっていました。それから数日、ようやく水が引いた川から、百姓たちが禅師さまのなきがらをひきあげると、からだ一面傷だらけになった河童が禅師さまから離れ、ながれてゆくのがみえました。百姓たちは、けなげな河童をたたえ、「禅師河童」と名前をつけ、その霊をてあつくとむらったということです。
   (未来社版『日本の民話』より)

解説:現在でも、秋吉台(秋芳洞)に行くと、この禅師河童の人形がみやげ物として売っています。元々は、仏敵として、水の神から追い落とされ、妖怪になった河童なのですが、それが、仏に仕える禅師として崇められる。これもまた、因縁なのでしょう。

マルコ  投稿日時 2012/5/13 21:26
この話をもっと知りたくなったマルコは色々と調べていたら驚いたことがありました!!
秋吉台・秋芳洞(あきよしどう)観光サイトより・・・。

秋芳洞の入口から2km位下流に自住寺というお寺があります。このお寺は平城天皇の大同2年(807)にひらかれたお寺であったと伝えられていますが、延元元年(1336)から57年も続いた南北朝の動乱のため、霊場は全く廃墟となり草露に埋もれていました。延元2年この地を訪れた寿円禅師はその由緒を惜しみ再興開山されました。

後村上天皇の正平9年(1354)の初夏、この地方一帯を大干魃が襲いました。作物は枯死寸前で、人々は飲み水にも困る毎日でした。この姿を見て禅師は心を深く痛め、何としても水を村人に与えたいと21日間の雨乞祈願を発願され、旧暦4月1日入洞し祈りを始められたのであります。この頃の風潮として、洞窟は神秘な場として入ればたたりがあると信じられ、誰一人入ったことのないこの巨洞に死を決して入洞されました。

 満願の21日目、まだ明けやらぬ暗闇の中に大粒の雨が降り始め、やがて雷鳴と共に豪雨が襲来しました。村人は外に飛び出しこの慈雨に歓喜しました。禅師は水音に大願成就したことを知り、仏天の加護を感謝しながら合掌して豪雨渦巻く竜ヶ淵に身を投じられました。

後日水が引き、変わり果てた禅師の姿が下流から発見されました。そこは自住寺の門前に近い田の中でした。住民は涙のうちにその御遺体を荼毘にふし、その骨と灰を土に練り込み、禅師の骨灰像を作って自住寺にまつりました。これを遺灰像と呼んでいます。

山口県指定文化財寿円禅師遺灰像は、現在秋芳洞入口川向こうに御堂を建て、そこに安置し一般の方もお参りが出来るようになっています。

まさか・・・寿円禅師の遺灰が使われている像があるなんてマルコはびっくりでした!!南北朝時代って足利尊氏が生きていたころだから・・・なんかこの話が実際あったことのように思えてくるような気がします!!
マルコ  投稿日時 2012/5/12 19:52 | 最終変更
秋芳洞の近くのみやげ物屋に並ぶ合掌する河童の置物は、禅師河童が雨乞いのお祈りをしている姿をデザインしているようで・・・お土産の他にも禅師河童のブロンズ像とかあるようですよ。(山口県の友達からの情報)
それにしても禅師河童は今でも人々の心の中に生きているんですね・・・誰が見ても感動するお話なんでしょうね・・・。ああ現地に行ってみたいなぁ~!!
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

44 人のユーザが現在オンラインです。 (25 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)