No.1084
はしばか
箸墓

放送回:0683-A  放送日:1989年01月21日(平成01年01月21日)
演出:又野龍也  文芸:沖島勲  美術:小出英男  作画:又野龍也
奈良県 ) 8903hit
あらすじ

昔、奈良県三輪の箸中村というところに、箸中長者という長者がいました。ここで作る酒は大変おいしく、造れば造るだけ売れて、毎日たくさんの小判が長者の家に集まりました。

長者の家では、金蔵もいっぱいになり、屋敷内にも小判があふれていました。長者は、余っているとはいえ小判を村人たちに分けるのは惜しいので、近くの川へ捨てて処理していました。

ある時、長者の娘が屋敷の中で針仕事をしていると、針をボリボリと食べる虫「金食い虫」を見つけました。虫を見た長者は「余った小判をこの虫に食べさせよう」と考え、屋敷内のすべての小判を虫に与えました。

そして長者自身もありったけの贅沢をしようと、食事に使ったお箸を「一回使えばすぐ捨てる」という事を始めました。一口食べるごとに新しいお箸を使うものだから、屋敷の外に捨てられた箸が山のように積みあがりました。

やがて金食い虫が、屋敷内の小判をすべて食べ終わりました。長者は不要な小判がなくなって喜びましたが、金食い虫はまだまだ小判が足りないのか、屋敷外の金蔵へ飛んで行きました。

長者が止めるのも聞かず、金食い虫はあっという間に金蔵の小判を食べつくしました。全ての小判を食べられてしまった長者は、やがて落ちぶれて死に絶えてしまいました。

今では、金食い虫のフンから生えたという一本の木と、捨てられた箸の山だけが残っていて、箸の山は「箸墓」と呼ばれているそうです。

(紅子 2013-9-26 23:50)


ナレーション市原悦子
出典奈良の伝説(日本標準刊)より
場所について箸中(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:箸中(地図は適当)
追加情報
このお話の評価7.2500 7.25 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/26 23:50 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 16  件):   <前  1 ..  10  11  12  13  14  15  16  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

30 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)