No.1059
おんだのはつれん
恩田の初連

放送回:0668-B  放送日:1988年09月24日(昭和63年09月24日)
演出:白梅進  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:白梅進
愛知県 ) 12915hit
あらすじ

昔、愛知県の刈谷市恩田町は広い原野で、ところどころに小さな林がありました。

その中でも一番大きな竹林には、初連という立派な白狐が住んでいて、この辺りのリーダーでした。初連には大変な神通力(じんつうりき)があって、豊川稲荷の平八狐(へいはちぎつね)にも勝るとも劣らぬ強さでした。こんな初連でも、自分の子供の前では普通の優しい母親でした。

ある時、狩りに訪れた刈谷のお殿様一行が、竹林の中にある松雲院に立ち寄って休んでいました。お伴の家来たちも、竹林の中で自由な時間を楽しんでいましたが、家来の一人が初連の巣穴を見つけました。巣穴の中には、一人で留守番をしていた初連の子供がいました。

家来たちは、近々行われるお殿様と大名の姫君さまとの婚礼の時に、姫へプレゼントしようと考え、子狐を捕まえて城へ帰っていきました。巣穴に帰って来た初連は、我が子が城へ連れ去られた事を知り怒り狂いました。

初連は、仲間の狐たちを大勢集めて、城へやってくる花嫁行列に化け、殿様のいる城へ乗り込みました。まんまと殿様をあざむいた初連は、子狐を連れて恩田の森に帰っていきました。

これを知った殿様は、怒るどころか初連の子を思う親心に強く感心し、あれほど好きだった狩りもぷっつりと止めてしまいました。

(紅子 2012-7-30 3:49)


参考URL(1)
http://www.city.kariya.lg.jp/history/haturen2.html
参考URL(2)
http://www.nucoop.jp/me-dia/0707/images/0707-03.jpg
ナレーション常田富士男
出典愛知県
場所について松雲院(初蓮が住んでいた所)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:松雲院(初蓮が住んでいた所)
追加情報
このお話の評価8.5000 8.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/7/30 3:49 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 39  件):   <前  1 ..  22  23  24  25  26  27  28  .. 39  次>  
コメント一覧
4件表示 (全4件)
ゲスト  投稿日時 2016/5/12 15:32
動物の母親の愛情は感動的 今の若い馬鹿母親は平気で我が子を虐待する、頭可笑しいのか?
ゲスト  投稿日時 2016/5/10 21:13
いい話ですね。素直に名作だと思います。
のんちゃん  投稿日時 2015/8/7 10:44
刈谷市の北部在住の市民です。
今朝、主人の出勤に合わせて見送りついでに目の前の県道に出ると、何か動物が車に轢かれた様でセンターライン上に横たわっていました。
「また、猫か狸だろう?」
それにしても、猫にしては大きいし、顔も細長いし尻尾が違う。
野良犬なんてもう殆どいないし、なんだろう?もしや?ホンドギツネではないか?!
と思い、市役所に連絡しました。
環境課に連絡し動物の処理をしてもらいました。
真相は専門家では無いので市の担当者の連絡待ちですが、あの容姿ホンドギツネなら恩田の初連の子孫がまだ居たのではないか?
と気になります。
北部のこの辺り、お殿様の狩場だったとの話を聞きますし、近くの医院のお庭には狩の休憩所の東屋の跡地だったと聞きます。
今では、近くにハイウェイオアシスもでき、開発で森も林も消えつつあるのですが、ハイウェイオアシスの工事中に狸が森を追われ、家前の県道で車に轢かれていて、この時にも役所に連絡をしましたが、猫だと思ってよく見ると狸でした。

今では、すっかり狸や狐は絶えてしまったと思っておりましたが、かわいそうですが亡くなったキツネが本物ならずっと、どこかの林や森の中で子孫を繋げてきたのでしょうね。
新美南吉の「ごんぎつね」で有名な知多半島にも、絶えた思われていたキツネが見つかり、今では子ギツネを連れた姿が目撃されています。
いつか、生きている初連の子孫に出逢える日が来ないかな。
と願いながらここにコメントさせていただきました。




マルコ  投稿日時 2013/7/6 17:33
松雲院の境内には初連の祠があって、正しくは恩田稲荷尊天というんだそうです。
初連はこのお寺の裏に巣を作って住んでいたそうで、数十年前までは巣穴がのこっていたそうです・・・。時代の流れと共に消えて行っちゃうんですね・・・。

初連というのはこのお寺の和尚さんが親子のきつねにつけた名前なんだそうで、マルコが思うに、「白い蓮華の花」から名前を付けたんじゃないでしょうか?

ちなみに、「刈谷の殿様から子ぎつねを救い出せ!!」計画に参加したきつねたちにも名前があり、「高須の耳切れきつね」「萩田のお梅きつね」「小垣江の尾切きつね」という近隣では有名な化け狐たちや、その他大勢の狐たちがこの計画に参加したようですよ!!


「無くなっちまった昔には、赤鬼青鬼おったげな。埋められちまったあの沼にゃ、緑の河童がおったげな。はるか向こうの山並みにゃ、黒いおおかみ出たものじゃ。隣の婆さの原っぱにゃ、白い女狐すんじょって、夜には人が化かされた。遠い昔の話じゃて・・・。まんが日本昔ばなし。毎週土曜夜七時です・・・。」

このCMの言葉を思い出してしまうマルコです・・・。

付記:名鉄名古屋本線の一ツ木駅より、徒歩15分で行くことが出来ます。
問合せ:刈谷市役所 TEL 0566(23)1111
    松雲院 刈谷市恩田町3-30
投稿ツリー
4件表示 (全4件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)