Re: 地蔵さんのことば

地蔵さんのことば についてのコメント&レビュー投稿
昔ある村に、平吉(へいきち)というバクチ好きな男がいました。 ある日、バクチですっからかんになってしまい、困った平吉は「もう二度と博打はしないから助けてください」と、...…全文を見る

Re: 地蔵さんのことば

投稿者:Perenna 投稿日時 2018/11/23 22:01
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
「しょたん」という屋号は方言だとしても、なんだか日本語らしくなくて、ずいぶんと奇妙な名前だとつくづく思います。
屋久島についてネットで調べてみたのですが、このお話の採録地である「屋久町尾之間」は、江戸時代にイタリアからやってきたシドッチという宣教師の上陸地の近くらしいですね。
ジョバンニ・バチスタ・シドッチは、1708年10月に屋久島の小島恋泊の南、唐の浦(浦崎)に上陸しました。
なんとなく、このシドッチの「ジョバンニ」という名前から「しょたん」という屋号が導き出されたのではないでしょうか?
また、主人公が「バクチ打ち」というのも、ひょっとしたら「バチスタ」の訛りから連想されたのかもしれません。


投票数:30 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

33 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)