Re: 綿帽子をかぶったお地蔵さん

綿帽子をかぶったお地蔵さん についてのコメント&レビュー投稿
昔々、ある所にとても貧乏なお爺さんとお婆さんが住んでおりました。明日はお正月だというのに、2人の家には1粒のお米もなく、お餅をつくことも出来ません。何か売れるものは家の中...…全文を見る

Re: 綿帽子をかぶったお地蔵さん

投稿者:ゲスト 投稿日時 2015/11/2 16:10
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
美甘村(みかもそん)は岡山県北部(真庭郡)に位置した村。現在は合併により真庭市となり、村役場は真庭市役所美甘支局となっている。
中国山地に位置し、山林で占められている。豪雪地帯対策特別措置法において豪雪地帯に指定されている。産業は林業と農業が主体であり、過疎化が進んでいる。
村の中西部にはクリエイト菅谷という農村リゾートがありキャンプ・陶芸体験などができる。
美甘村立美甘小学校、美甘村立美甘中学校、現在は両校とも真庭市立となっている。
歴史
1764年(明和元年) - 譜代大名の三浦明次が2万3千石で勝山に入封、勝山藩が成立。勝山に城下町が築かれる。
1889年(明治22年)6月1日 - 真島郡美甘村・黒田村・鉄山村・田口村・延風村の5村が合併して美甘村となる。美甘・黒田・鉄山・田口・延風が美甘村の大字となる。
1900年(明治33年)4月1日 - 真島郡・大庭郡が合併、真庭郡となる。美甘村は真庭郡の所属となる。 
2005年(平成17年)3月31日 - 真庭郡勝山町・落合町・湯原町・久世町・川上村・八束村・中和村、上房郡北房町との対等合併により真庭市となる。同日美甘村は廃止。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E7%94%98%E6%9D%91

真庭市美甘(旧美甘村)
真庭市美甘支局 〒717-0105 真庭郡美甘村美甘 4014 TEL-56-2611
人口 1,918 世帯数 560 面積(km2 ) 67.19 花 つつじ・水仙 木 ひのき 鳥 うぐいす
県の北西に位置し、北は新庄村・真庭市湯原、東・南は真庭市勝山、西は新見市大佐に接している。
村の総面積の90%が、中国山地の森林で占められている美しい村である。全長6km余りの美甘渓谷と、江戸時代の往来として栄えた「出雲街道」の散策は、春の新緑、秋の紅葉の頃が最適。また、アウトドアや陶芸・木工など心と体のリフレシュにはクリエイト菅谷へどうぞ。
クリエイト菅谷 美甘渓谷 出雲街道 玉泉寺(がん封じ) 宇南寺 宝蔵寺 不動滝 弥生式住居 旧出雲街道の宿場町として栄えた町。美甘渓谷は、四季折々の自然の表情を堪能させてくれる。歴史の重みを無言のうちに物語る宇南寺は、弘法大師の開基と伝えられている。
http://www2a.biglobe.ne.jp/marusan/mikamo.html
投票数:2 平均点:10.00
返信する

この投稿に返信する

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)