「亀になった男」の本をがありますした

亀になった男 についてのコメント&レビュー投稿
飲んだくれの亭主に虐げられる嫁がある時ついに家を飛び出し、辿り付いた村で匿ってもらった家の男と一緒に暮らし始める。 一方、嫁に出て行かれた亭主はその後改心して、あちこち...…全文を見る

「亀になった男」の本をがありますした

投稿者:ゲスト 投稿日時 2015/7/2 19:52
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし |
紅子様
「亀になった男」 の載っている本がありました。ゲスト 2014/11/30 2:13投稿様も書かれているように、沖縄の昔話のようですね。
確認して貰えるようにリンク内容を記載しておきます。


著書名: 沖縄の民話  
著者名: 伊波南哲編
出版社名: 未来社
出版年: 1967年2月
価格: 1500円(税込)
☆金の瓜の種子・鬼餅・海神・宝剣治金丸・わにざめのはなし・人食い島・亀になった男などなど・・・
◇日本の民話11

沖縄・那覇の古書店 ちはや書房HP
http://www.chihayabooks.com/store2/archives/3484
投票数:22 平均点:10.00

投稿ツリー

このスレッドの投稿一覧へ

  条件検索へ


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

13 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)